コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレーブの奥方 クレーブのおくがたLa Princesse de Clèves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレーブの奥方
クレーブのおくがた
La Princesse de Clèves

フランスの女流作家ラファイエット夫人中編小説。 1678年刊。舞台は 16世紀バロア王朝の華麗な宮廷生活である。若く気高く美しい貴公子ヌムール公爵に真剣な恋を打明けられたクレーブ公爵夫人シャルトルは,この青年に心を奪われていきながら,貞淑の念強く,その愛をついに受入れないまま,夫の死後は修道院に隠棲して一生を終る。ストーリーは単純だが,恋し恋される者の微妙な心理のひだを節度ある簡潔な古典的文体で綴り,後代の『危険な関係』『アドルフ』『赤と黒』『ドルジェル伯の舞踏会』など近代フランス文学を代表する心理小説の伝統を創始した意義は大きい。ラ・ロシュフーコーの『箴言 (しんげん) 』などとともに古典主義時代の散文の代表作とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クレーブのおくがた【クレーブの奥方】

《原題、〈フランス〉La Princesse de Clèvesラファイエットの小説。1678年、匿名で刊行。アンリ2世の治世の宮廷を舞台に、貞淑な人妻が美貌の青年公爵に愛され悩む姿を描く。フランス心理小説の先駆的作品。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クレーブの奥方【クレーブのおくがた】

ラファイエット夫人の小説。1678年作。クレーブ公爵夫人は道ならぬ恋に悩むが,これを打ち明けられた公爵は嫉妬(しっと)のあまり死んでしまい,彼女は修道院に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレーブのおくがた【クレーブの奥方 La princesse de Clèves】

フランスの作家ラファイエット夫人の中編小説。無署名で1678年刊。1558年前後のフランス宮廷の史実を背景とする記録風の結構だが,主題はクレーブ大公夫人の恋。母親シャルトル夫人から宮廷の色事への警戒心を教えこまれていたクレーブ夫人は,夫への敬愛とはまったく異質なヌムール公に対する激しい恋に身をさいなむ。宮廷の花形ヌムール公の人目を忍ぶ求愛にゆらぐ心を支えようと,夫に告白して助力を乞うが,夫はその衝撃が原因となって死ぬ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレーブの奥方
くれーぶのおくがた
La Princesse de Clves

フランスの作家ラファイエット夫人の小説。匿名で1678年刊。創作には友人の協力があったともされる。1558年前後のフランス宮廷の史実を背景とする記録風の結構だが、主題はクレーブ公夫人の恋。母親から婦徳を教えられて育ち宮廷に出仕したクレーブ夫人は、夫への敬愛とはまったく異質の激しい恋をヌムール公に対して抱く自分にうろたえ苦しむ。心の支えを求めてついには夫に告白して助力を乞(こ)うが、夫はその衝撃が原因となって死ぬ。夫人は亡き夫への貞節と情熱に対する懐疑からヌムール公の求愛を退けて隠棲(いんせい)する。宮廷という華麗な閉鎖社会の視線のなかで追い詰められる夫人の理性と情念の葛藤(かっとう)をまさぐり出す心理描写に秀でる。冗長な大作の多い同時代の小説のなかで際だった緊密な展開と相まって、フランス古典主義の代表的散文作品、近代フランス心理小説の最初の傑作として長く影響を及ぼした。[二宮フサ]
『生島遼一訳『クレーヴの奥方』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクレーブの奥方の言及

【小説】より

…当時は中世ロマンスの残存のほかに,古代ロマンスの復活によって牧歌的田園や古代の英雄をテーマとした長編ロマンスが流行したので,反ロマンスが17世紀の多くの小説の主題となった。ラ・ファイエット夫人の《クレーブの奥方》は,ロマンスの感傷的恋愛賛美に対して,現実の知的な人間がいかに恋愛に対処するかを描き,精緻(せいち)な心理分析によってフランス心理小説の源流となった。18世紀において小説の発展を主導したのはイギリスであり,市民階級の生活の物語としての写実的小説が出現した。…

※「クレーブの奥方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレーブの奥方の関連キーワードフランソワ チェン宇野千代女流文学恋愛小説ラディゲ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android