クレープ(織物)(読み)クレープ

百科事典マイペディアの解説

クレープ(織物)【クレープ】

布面に波状のちぢれを出した織物の総称。和服地(ちぢみ)織に相当する。一般には強撚(きょうねん)糸を経(たて)または緯(よこ)に用いて織りちぢれを出すが,最近はロールで型押しするエンボス加工によるものなどもある。絹地のクレープはフォーマルな婦人服,服飾品,裏地などにし,クレープデシン,クレープサテンなどがある。綿クレープは涼感があるので夏の服地や下着とされる。最近は化繊合繊も用いる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android