コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロイツェル・ソナタ Kreitserova Sonata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロイツェル・ソナタ
Kreitserova Sonata

ロシアの作家 L.トルストイ中編小説。 1891年発表。情夫をかばう妻を嫉妬にかられて刺し殺した主人公ポズドヌイシェフが,車中で同席した人に過去を告白する形をとって,作者の恋愛観,結婚観を述べた作品。上流社会では肉欲が賛美され,文学も音楽も劇も,恋愛も結婚も,その他一切が,性欲を満たすための手段に陥っている,と肉欲を激しく攻撃,人間の理想は,禁欲,性愛の完全な否定にこそあると説き,そのために人類が滅亡してもかまわないと極論する。作者の転向後の思想を反映している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クロイツェル・ソナタ

ベートーベンバイオリン・ソナタ第9番イ長調。1803年作曲。当時の名バイオリン奏者R.クロイツァー〔1766-1831〕に捧げられたため,この名がある。第5番《春》(1800年)とともにベートーベンのバイオリン・ソナタ中最もポピュラーで,作曲者中期の作風を代表する作品の一つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

クロイツェル・ソナタ

夏樹静子の長編社会派サスペンス。1995年刊行。

クロイツェル・ソナタ

チェコの作曲家レオシュ・ヤナーチェクの弦楽四重奏曲第1番(1923)。原題《Kreutzer Sonata》。トルストイの同名の小説に着想を得て作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロイツェル・ソナタ
くろいつぇるそなた
Крейцерова соната Kreytserova sonata 

ロシアの作家レフ・トルストイ後期の中編小説。1890年発表。早春、長旅の夜汽車のなかで、新旧両世代の結婚観が論争の的となっているところへ、突然「愛を神聖化する愛とはなにか」と形相すさまじく初老の男が挑んできた。彼はポズドヌィシェフ(「遅すぎた男」の意)といい、娼婦(しょうふ)を相手に放蕩(ほうとう)のすえ、清純な娘を求めて家庭をもつと、妻を一方的な肉欲の対象として扱い、8年間に5人もの子供をもうけたが、精神生活の貧しさから、バイオリン教師と『クロイツェル・ソナタ』をピアノで演じる妻を嫉妬(しっと)のあまり刺殺した話題の人物であった。妻の姦通(かんつう)が認められ無罪となったいまでは、男女間の愛は肉欲を正当化する口実にすぎず、人間の理想は禁欲にあると悟り、たとえ純潔が種の絶滅につながろうとも、完全な性愛の否定を真理として実行に移すべきだと主張する。
 40年前のトルストイは『家庭生活の幸福』(1857)のなかで同じテーマを追求しながらも、性愛の危機を友愛と農村での勤労生活によって回避したが、農奴制崩壊後の現実は両性関係の見せかけの安定性を突き崩したのである。夫婦生活の幸・不幸の問題は『戦争と平和』(1864~69)と『アンナ・カレーニナ』(1873~76)で対照的に提示されたが、ここでは後者の傷口が性の問題を中心により鋭く切開されている。チェーホフは、この作品の「後語」に展開されたトルストイの極端な性愛否定の非科学性を批判しつつも、この病める世紀末的問題への大胆なアプローチを世界的な意義において高く評価した。日本では尾崎紅葉(こうよう)監訳(1895)で早くから話題をよび、幸徳秋水(こうとくしゅうすい)、堺枯川(さかいこせん)ら初期社会主義者の好個の論題ともなった。[法橋和彦]
『『クロイツェル・ソナタ』(米川正夫訳・岩波文庫/原久一郎訳・新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クロイツェル・ソナタの関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)パトリツィア コパチンスカヤトルストイ(年譜)小西 増太郎クロイツェル黒沢あすか夏樹静子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android