コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロシジミ

世界大百科事典 第2版の解説

クロシジミ【Niphanda fusca】

鱗翅目シジミチョウ科の昆虫。中型のシジミチョウで特異な生活史をもつ。開張3.3~4.3cm。翅の表面は暗褐色。雄は前翅の先端が細くとがり,弱い紫色の光沢がある。中国から朝鮮半島を経て日本にかけて分布する。日本では本州,四国,九州の低山地に見られ,疎林や伐採あとの荒れ地などに発生するが,産地は一般に狭く限られている。年1回発生し,成虫は6月後半から7月にかけて羽化する。雄は夕方盛んに活動し,枝先になわばりをつくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロシジミ
くろしじみ / 黒小灰蝶
[学]Niphanda fusca

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。本州、四国、九州(対馬(つしま)を含む)に分布、その生息地は一般に局部的である。外国では朝鮮半島、中国に産し、東アジアの特産種。はねの開張は30~35ミリメートル程度。はねの表面は黒褐色、雄では暗紫色の強い光沢があるが、雌にはない。裏面の地色は灰白色ないし暗灰色、ゴマ状の斑点(はんてん)がある。はねの形は雌雄で異なり、雌では丸いが、雄ではとがる。年1回の発生、6~8月に出現、雄は樹上を活発に飛ぶが、雌は林間の草地を緩やかに飛ぶことが多い。本種はチョウのなかでも特別に変わった生活史をもつもので、若齢幼虫はアブラムシ類の分泌する甘露をなめて育つが、3齢になると樹上を往来するオオクロアリが幼虫に関心を示すようになり、これをくわえて巣に連れ帰り、以後口移しに餌(えさ)を与えて幼虫を育てる。幼虫の発生する木はブナ科のコナラ、クヌギが多いが、とくに樹種は選ばない。幼虫はアリの巣の中で幼虫態で冬を越す。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クロシジミの関連キーワードアリ(蟻)白水

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロシジミの関連情報