コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロタキカズラ Hosiea japonica (Makino) Makino

世界大百科事典 第2版の解説

クロタキカズラ【Hosiea japonica (Makino) Makino】

熱帯に多いクロタキカズラ科の落葉つる性木本。葉は互生し,うすく広卵形基部は心形となり,長さ8~18cm,縁は不規則な鋸歯がある。晩春葉腋(ようえき)から出る散房状の花序に小さな黄緑色の花をつける。果実はすこし扁平となり,赤熟し,中に1個の種子を有する。本州(中国地方),四国,九州の山地谷筋に生育する。ややまれな植物である。 クロタキカズラ科Icacinaceaeは,すべて木本で,高木や低木,あるいはつる性である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロタキカズラ
くろたきかずら / 黒滝葛
[学]Hosiea japonica (Makino) Makino

クロタキカズラ科の落葉藤本(とうほん)(つる植物)。葉は互生し長い柄があり、卵形で先は鋭くとがり基部は心臓形、膜質で軟毛をつけ、長さは約10センチメートル、縁(へり)に鋭い鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。花は腋生(えきせい)し円錐(えんすい)状総状花序に少数つき、長い花柄で下垂し、径約1センチメートル。萼(がく)は緑色で5裂する。花弁は5枚、肉質で平開し、先端はとがって内側に曲がる。雄しべ5本、雌しべ1本で柱頭は5裂する。果実は赤色の楕円(だえん)形で下垂する。名は最初の発見地高知県の黒滝山に由来する。近畿地方以西の本州、四国、九州の山地の林内に生える。[古澤潔夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クロタキカズラの関連キーワードクロタキカズラ(黒滝葛)総状花序草水木黒滝葛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android