コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロトキ Threskiornis melanocephalus; black-headed ibis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロトキ
Threskiornis melanocephalus; black-headed ibis

ペリカン目トキ科。全長 68cm。脚とは黒色。十数cmある嘴はやや下方に湾曲している。頭部から上胸部は幼鳥のときには黒っぽい羽毛があるが,成長するにつれて抜け落ち,黒い皮膚が裸出する。体のほかの部分の羽毛は白く,前頸部,三列風切,肩羽の羽毛は長く伸びて飾り羽状になっている。中国東部,インドシナ半島インドスリランカなど広範囲に繁殖分布し,北方で繁殖するものは東南アジアに渡って越冬する(→渡り鳥)。近年,日本には数羽から十数羽がほぼ毎年渡来し,開けた湿地,干潟,水田の刈り跡,農耕地などで生活し,越冬している。古い書画に描かれていることから,かつて本州でも繁殖していたのではないかと考えられている。古代エジプトで神聖視されたクロトキは本種と同一種とされることもあるアフリカクロトキ T. aethiopicus で,エジプトでは絶滅したが,アフリカ西アジアに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロトキ
くろとき / 黒朱鷺
white ibis
[学]Threskiornis melanocephalus

鳥綱コウノトリ目トキ科の鳥。全長約85センチメートル。全身白色であるが、頭頸(とうけい)部に黒色の皮膚が裸出しているのが和名の由来である。インド、東南アジア、中国東部、マレー諸島に分布する。日本にも以前はかなり普通に生息し、繁殖したこともあるようであるが、現在では迷鳥としてたまに観察されるにすぎない。沼沢地や川岸に生息し、おもに小魚や水生の小動物を食べている。繁殖期には群れ集まって、水辺の高い木の上に営巣する。近縁種がアフリカおよびオーストラリア地方に分布する。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクロトキの言及

【トキ(朱鷺)】より

…巣は水辺の木の上に小枝を集めてつくられ,集団営巣するものが多い。日本には,トキが分布するほかに,クロトキThreskiornis melanocephalusが迷鳥として渡来する。クロトキも往時にはもっと多くて,江戸の市外で繁殖したこともあるといわれている。…

※「クロトキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロトキの関連キーワードフェニルピラゾール殺虫剤中枢神経興奮薬ストリキニーネピクロトキシンアルダブラ環礁ウランゲリヘビ毒毒腺

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android