コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロマグロ クロマグロ Thunnus orientalis; Pacific bluefin tuna

5件 の用語解説(クロマグロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロマグロ
クロマグロ
Thunnus orientalis; Pacific bluefin tuna

スズキ目サバ科の海水魚。ホンマグロ,マグロとも呼ばれる。体はよく肥厚した紡錘形で,全長 3m,体重 500kgになる。背面は青みがかった黒色,腹面は白色で,第2背鰭の先やその後方の小離鰭は黄色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クロマグロ

マグロ全体の約2%と希少で、ミナミマグロやメバチマグロより高値。2013年の国内供給量は3・6万トン。主に天然稚魚を使った国内養殖が28%、天然成魚が25%で、残りは海外での養殖など。卵からの完全養殖は難しく、近大などによると、受精卵から成魚まで育つ可能性は1~2%という。

(2015-07-24 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

クロマグロ

 →ホンマグロ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クロマグロ【bluefin tuna】

スズキ目サバ科の海産魚(イラスト)。名は体色が黒いことによる。ホンマグロ,または単にマグロと呼ばれることも多い。幼魚には体側に10~20条ほどの淡色横帯があるのでヨコワともいい,若魚をメジ,老成するとシビなどと呼名が変わる。太平洋大西洋の熱帯から亜寒帯までのやや岸よりの海域に多く,インド洋ではほとんど漁獲されない。胸びれが短いことが特徴。日本近海ではマグロ類中もっとも来遊量が多い。主産卵場は太平洋では日本の南部海域,大西洋では地中海メキシコ湾の2ヵ所である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロマグロ
くろまぐろ / 黒鮪
pacific bluefin tuna
[学]Thunnus orientalis

硬骨魚綱スズキ目サバ科に属する海水魚。ホンマグロともよばれる。大西洋に生息するタイセイヨウクロマグロは近年別種とされており、一般的に「クロマグロ」という場合は「太平洋クロマグロ」をさす。タイセイヨウクロマグロと同様にマグロ類のなかではもっとも大形で、全長3メートル、体重400キログラムに達する。胸びれが比較的短く、眼径が小さい。体の背部は暗青色、腹部は銀白色を呈する。若魚では体側に十数条の淡色横帯があり、ヨコワとよばれる。体長約1メートル以下の若年魚はメジ、クロメジ、大形のものはシビと俗称されるが、シビの名はマグロの古語でもある。体の内部構造として、肝臓腹面に多数の脈管条が分布し、筋肉中の毛細血管網が発達していて、体温維持の機構を備えている。
 クロマグロのおもな分布域は北太平洋の温帯域で、亜熱帯や亜寒帯の一部にかけても生息する。また南半球ニュージーランド周辺でもわずかな分布がみられる。分布の北縁は南千島からカナダ南部沿海が知られている。若年期に大きな渡洋回遊をする。日本近海から沿岸に分布回遊するマグロではクロマグロがもっとも多く、日本海にも生息する。おもな産卵場は台湾から沖縄近海、および日本海であり、産卵期は前者で4~7月、後者では7、8月。生まれた仔魚(しぎょ)は晩夏から初秋にかけて体長20~30センチメートルの若魚(ヨコワ)に成長して日本沿岸に来遊する。1~2歳魚になると太平洋を横断してカリフォルニア水域に回遊するものがあり、そこで2年ぐらい滞留して、ふたたび日本近海に戻ってくる。春になると北上し、秋から冬には南下する季節的な南北回遊を行い、3~5歳になって成熟すると産卵場に回帰する。寿命は長く、20歳以上とされている。
 定置網、引縄、竿(さお)釣り、巻網(旋(まき)網)、延縄(はえなわ)など種々の漁法で漁獲される。肉は濃赤色で刺身やすし種(だね)として好適。「とろ」は腹側の脂肪が多い肉の部分で、冬季漁獲されるものはとくに賞味される。マグロ類中の最高級魚であり、価格も高く需要も多いので養殖が拡大してきた。おもに天然稚魚を大型生け簀(す)で2~3年飼育する。人工種苗による養殖も増えつつある。2013年の養殖生産量は9000トン程度と推定されている。
 クロマグロは主要な産卵場や生育場が日本の周辺海域であり、漁獲の7割近くが日本の漁業によって行われている。また、漁獲物・養殖生産のほとんどが日本市場で消費されている。本種は国際資源として中西部太平洋まぐろ類委員会が管理するが、生態・利用の現状から、日本は資源の持続的利用に向けた調査や管理提案を率先して行ってきている。2014年(平成26)時点の資源状況は科学的データが整備されている過去61年間で最低水準に近いとされており、資源回復に向けて未成熟魚の漁獲を制限する管理措置が検討されている。[上柳昭治・小倉未基]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクロマグロの言及

【マグロ(鮪)】より

…日本ではふつうマグロとは大型のサバ型魚類で刺身として生食に供されるものを指すことが多く,このためカジキ類をもカジキマグロと称することがある。分類学上のマグロ属はビンナガ(ビンチョウ)Thunnus alalunga(英名albacore)(イラスト),クロマグロ(ホンマグロ,シビ,ハツ)T.thynnus(英名bluefin tuna)(イラスト),ミナミマグロ(豪州マグロ)T.maccoyii(英名southern bluefin tuna),メバチT.obesus(英名bigeye tuna),キハダ(キワダ)T.albacares(英名yellowfin tuna)(イラスト),タイセイヨウマグロT.atlanticus(英名blackfin tuna),コシナガT.tonggol(英名longtail tuna)の7種を含む。このうち,ビンナガ,メバチ,キハダの3種は世界の熱帯から温帯にかけての広い範囲に生息する。…

【マグロ(鮪)】より

…【鈴木 晋一】。。…

【マグロ(鮪)】より

…スズキ目サバ科マグロ属の海産魚の総称,またはクロマグロの異名。マグロの名は真っ黒から転訛したものとされる。…

※「クロマグロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クロマグロの関連キーワードシロギスマサバマダイ胡麻鯖アサヒダイインドマグロオオニベキグチキハダマグロゴマサバ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロマグロの関連情報