コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロマツ(黒松) クロマツ Pinus thunbergii; Japanese black pine

3件 の用語解説(クロマツ(黒松)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロマツ(黒松)
クロマツ
Pinus thunbergii; Japanese black pine

マツ科の常緑高木で日本特産。海岸地帯に多い。樹高 35mに達し,樹皮は暗黒色で亀甲状の深い割れ目ができる。濃緑色の葉はアカマツより硬く長さ 10~15cm,幅 1.5mm内外でオマツ (雄松) の別名はこれによる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クロマツ(黒松)【クロマツ】

オマツ。本州〜九州の沿海地にはえるマツ科の常緑高木。樹皮は灰黒色,冬芽の鱗片は白い。葉は長さ7〜15cm,剛直な針状で2個束生する。雌雄同株。4〜5月,開花し,果実は卵状円錐形で,翌年秋に成熟。
→関連項目アカマツ(赤松)造林マツ(松)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クロマツ【クロマツ(黒松) Japanese black pine】

海岸に多い二葉松で,木肌は暗灰色を呈する(イラスト)。また枝や葉がアカマツより太いのでオマツ(雄松)ともいう。マツ科。高さ40m,直径2mにも達し,幹は通直であるがしばしば著しく曲がって太い枝を張る。冬芽は灰白色。針葉は長さ7~15cmで,アカマツより緑が濃く,横断面では3~11個の樹脂道が葉肉内に見られる。4~5月ころ新条(みどり)端に紫紅色の雌球花1~3個が直立してつき,翌秋に熟した球果は下向きとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クロマツ(黒松)の関連キーワードアカマツ(赤松)ビリベルジンホワイトスモーカー烏蛇喜知次呈する具墨赤色乳二葉松鉛中毒 (lead poisoning)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone