クロマツ(黒松)(読み)クロマツ(英語表記)Pinus thunbergii; Japanese black pine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロマツ(黒松)
クロマツ
Pinus thunbergii; Japanese black pine

マツ科の常緑高木で日本特産。海岸地帯に多い。樹高 35mに達し,樹皮は暗黒色で亀甲状の深い割れ目ができる。濃緑色の葉はアカマツより硬く長さ 10~15cm,幅 1.5mm内外でオマツ (雄松) の別名はこれによる。雌雄同株で,雄花は毎春伸びる新枝の下部に多数生じ長さ 10mmあまりの長楕円体,雌花はその頂部に1~3個つき卵形で紅紫色。受粉してから成熟するまでに1年以上もかかる。完熟した球果は長さ5~6cm,直径3~3.5cm。潮風に強く海岸の防風林砂防林として植えられる。材は樹脂が多く良材とはいえないが耐久力があるので土木用材などに用いられる。また庭園樹,盆栽として喜ばれ,多くの栽培品種が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クロマツ(黒松)【クロマツ】

オマツ。本州〜九州の沿海地にはえるマツ科の常緑高木。樹皮は灰黒色,冬芽の鱗片は白い。葉は長さ7〜15cm,剛直な針状で2個束生する。雌雄同株。4〜5月,開花し,果実は卵状円錐形で,翌年秋に成熟。種子には長い羽がある。材は建築,土木,パルプに,樹は庭木,盆栽,並木,防風林とする。
→関連項目アカマツ(赤松)造林マツ(松)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロマツ【クロマツ(黒松) Japanese black pine】

海岸に多い二葉松で,木肌は暗灰色を呈する(イラスト)。また枝や葉がアカマツより太いのでオマツ(雄松)ともいう。マツ科。高さ40m,直径2mにも達し,幹は通直であるがしばしば著しく曲がって太い枝を張る。冬芽は灰白色針葉は長さ7~15cmで,アカマツより緑が濃く,横断面では3~11個の樹脂道が葉肉内に見られる。4~5月ころ新条(みどり)端に紫紅色の雌球花1~3個が直立してつき,翌秋に熟した球果は下向きとなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android