クローズアップ(英語表記)close-up

翻訳|close-up

大辞林 第三版の解説

クローズアップ【close-up】

( 名 ) スル
〔英語読みはクロース-アップ〕
映画撮影で、被写体を画面に大うつしにすること。大うつし。
対象となる事柄を大きくとり上げること。 「事件の真相が-される」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クローズアップ【close‐up】

被写体(あるいはその一部)を大写しにする映画特有の技法の一つ。カメラを接近させるという方法そのものは,望遠レンズやズームレンズが発案される前に生み出された。その創始者は,映画史家の間にも諸説があるが,〈映画芸術の父〉D.W.グリフィスとする説が古くからあり,アンドレ・マルローの《映画心理学概論》(1946)によると,グリフィスがリリアン・ギッシュの顔の美しさに心うたれたときこの技法が生まれたという伝説もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

クローズ‐アップ

〘名〙 (close-up 正しくは「クロースアップ」)
① 映画・テレビの撮影技法の一つ。対象の一部を大きく写し出すこと。また、その画面。アップ。大写し。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「新聞の映画欄には入江たか子のクローズ・アップが載って居た」
② 特定の人や物事を大きくとりあげること。
※蛙のこえ(1952)〈大宅壮一〉一番乗り「高良女史の存在が社会的に大きくクローズ・アップされたのは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のクローズアップの言及

【アメリカ映画】より

…ジャン・リュック・ゴダールは〈すべての映画はアメリカ映画である〉といっている。クローズアップモンタージュなどさまざまな映画的手法を開発し,それらを駆使して巧みに長編の物語を語ることをはじめ,それ以後のすべての映画の基礎を築いたのは,〈アメリカ映画の父〉D.W.グリフィスであった。また,スターシステムや撮影所のシステムをはじめ,映画の製作,配給,興行のしくみなど,映画のあらゆる側面を通じて,〈アメリカ映画〉から生まれ発展し,各国の映画にもたらされたものは数多い。…

【遠近法】より

…一つは,空間の描写の断念である。それは極端なクローズ・アップあるいは,周囲を闇に包むことによって行われた(カラバッジョ,レンブラント)。他は,遠近法理論の極限までの利用によって,平たんな面に円筒形の空間のだまし絵を描くこと(イリュージョニズム)で,この代表例がアンドレア・ポッツォとその後継者である。…

※「クローズアップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クローズアップの関連情報