コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワキウトル Kwakiutl

3件 の用語解説(クワキウトルの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

クワキウトル【Kwakiutl】

北アメリカ北西部沿岸に居住するネーティブ-アメリカンの一民族。漁労・狩猟を経済基盤として、階層社会を形成。社会的地位を誇示するポトラッチで有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クワキウトル

アメリカ・インディアンの一つ。カナダのブリティッシュ・コロンビアおよびバンクーバー島周辺に住み,漁猟を生業とする。序列化された社会組織が発達。ポトラッチ儀礼がみられ,R.ベネディクトおよびボアズの研究で著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワキウトル
くわきうとる
Kwakiutl

カナダ、太平洋岸のバンクーバー島付近に住む先住民集団(アメリカインディアン)。言語はワカシャン語族に属し、近縁の方言を話す約20の地縁集団の総称。各集団は通婚、交易を通して密接な関係を保っていたが、政治的に統一されてはいなかった。居住域はサケをはじめとする豊富な海産物に恵まれていたため、経済的余剰を生み出すことが可能であり、採集狩猟経済を基盤としながらも階層社会を形成していた。各集団は儀礼的な威信によってその地位が定まっており、集団内においてもそれを構成する出自集団の地位が決まっていた。出自集団はそれぞれ特別な狩場や漁場の使用権をもち、冬には供宴において余剰を贈与あるいは交換した。供宴の主催者は自らの富を誇示するために財産を破壊することもあったが、このような贈与や財産破壊は、主催者およびその出自集団がそれまでに相続した威信を確認、強化した。贈与を受けた者はかならず返礼しなければならず、この贈与・破壊競争をポトラッチとよぶ。社会の階層秩序を支えていたポトラッチも、ヨーロッパの製品が流入するとともに自己破壊的な大浪費競争となり、カナダ政府は1885年にポトラッチを禁止した。1951年まで続いた禁止の結果、社会構造の崩壊を招いた。人口も激減し、木彫などの伝統工芸は残っているものの、独自の文化を急速に失い、カナダ社会に吸収されつつある。しかし、一方復活したポトラッチと供宴を核にした文化復興の動きもある。[木村秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クワキウトルの関連キーワードアメリカインディアンアメリカインディアン諸語アングロアメリカインディアンインディアナインディアンクラブネイティブアメリカン清水知久

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone