コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーベルタン Coubertin, Pierre, baron de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーベルタン
Coubertin, Pierre, baron de

[生]1863.1.1. フランス,パリ
[没]1937.9.2. スイス,ジュネーブ
近代オリンピックの創始者として知られるフランスの教育家。貴族の家に生まれ,サンシールの陸軍幼年学校を 16歳で中退,のちイギリスでイギリスの教育におけるスポーツの重要性に共鳴し,その理念を母国に移入しようと志した。1875年から 7年間にわたって行なわれたドイツの考古学者 E.クルチウスの古代オリンピア遺跡(→オリュンピア)の発掘に触発され,オリュンピア競技会(→古代競技会)復活の構想を立てた。1892年パリ会議で復活構想を公表するが賛同を得られず,1894年には周到な準備のうえ再度各国に招請状を出し,ソルボンヌ大学で 9ヵ国の代表者によるパリ会議を開催した。同会議において,6月23日にオリンピック復活を決議し,国際オリンピック委員会 IOCを組織した。1896年第1回オリンピック競技大会をアテネで開催。IOC初代会長の座はギリシア人のディミトリウス・ビケラスに譲ったが,1896年から 1925年まで第2代会長を務めたほか,オリンピック標語を制定したり,オリンピック・シンボルを創案するなど,オリンピックの発展と運動の推進に一生を捧げた。(→オリンピック競技大会

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クーベルタン

近代オリンピック大会の創始者。フランスの貴族出身。教育家を志して英国に留学,パブリック・スクール視察してスポーツが青少年教育に役立つことを知り,フランスの青少年をスポーツを通して教育し,祖国再建に役立てようと考えた。
→関連項目オリンピック旗近代五種競技ロンドンオリンピック(1908年)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クーベルタン【Pierre de Coubertin】

1863‐1937
フランスの教育学者,国際オリンピック委員会(IOC)の創立者。男爵家の三男としてパリで生まれ,父の希望で陸軍士官学校を卒業したが,軍人を嫌って教育学者を志した。1884年イギリスのパブリック・スクールを視察し,宗教とスポーツを重視する教育方針に強い感銘を受ける。さらに87年にはアメリカの大学を視察,学生スポーツの盛況を知り,スポーツの教育的価値を強く認識し,普仏戦争に敗れた後の祖国の再建を青少年へのスポーツの普及により果たそうと考えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クーベルタン【Pierre de Coubertin】

1863~1937) フランスの教育家。国際オリンピック競技の創設者。男爵。1894年国際オリンピック委員会を組織し、96年アテネで第一回大会を開催。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーベルタン
くーべるたん
Pierre de Coubertin
(1863―1937)

近代オリンピック競技の創始者。フランス人で男爵。先祖はルイ6世の流れをくみ、イタリア貴族やウィリアム征服王の廷臣もいる。父の希望で軍人になるためサン・シールの幼年学校に入学したが、ドイツに対する報復を主目的とする教育に反発し、政治家を志した。たまたま『トム・ブラウンのラグビー在校日記』を読み、イギリスのパブリック・スクールの教育の中心にスポーツがあることに共鳴し、ラグビー校校長でもあったT・アーノルドの思想を研究した。1886年、彼は政府の補助を受けたアメリカ視察の報告を兼ねて、文部大臣に教育におけるスポーツの重要性を建議したが、具体的な反応はなく、反対者をつくりだしたにすぎなかった。
 1887年ころ、当時のオリンピア発掘などに触発されてオリンピック復活を着想し、92年から運動を始め、94年これに成功して国際オリンピック委員会(IOC)を創設した。1896年から1925年まで第2代IOC会長、以後死去するまで名誉会長として近代オリンピック運動を指導・助言した。この間の経緯は、彼の著である『オリンピックの回想』に詳しい。第一次世界大戦中スイスのローザンヌに移り、そこで死去した。[鈴木良徳]
『K・ディーム編、大島鎌吉訳『オリンピックの回想』(1962・ベースボール・マガジン社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

クーベルタン

生年月日:1863年1月1日
フランスの教育家
1937年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のクーベルタンの言及

【オリンピック】より

…冬季大会の回数はオリンピック大会とは別に数え,中止された大会は回数に加えない。
〔近代オリンピック〕

【オリンピックの復興とIOC】
 フランスの教育学者クーベルタン男爵の〈スポーツによる青少年教育の振興と世界平和実現のために,古代オリンピックを復興しよう〉という呼びかけに応じ,1894年6月23日,パリ大学(ソルボンヌ)講堂で開催されたフランス・スポーツ連盟主催の国際スポーツ会議で,オリンピックの復興が全会一致で決定し,13ヵ国から選ばれた15人をメンバーとするIOCが創立され,クーベルタンの推薦で,ギリシアのビケラスDemétrios Vikélasが初代会長に就任,近代オリンピアードの第1年を96年とし,第1回大会を古代オリンピックがオリュンピア(ギリシア)で行われていたことを記念して,ギリシアの首都アテネで開催することを決めた。第1回大会終了後,クーベルタンが第2代会長に就任,多くの困難と闘いながら1925年まで在任し,オリンピック運動を軌道に乗せた。…

【オリンピック委員会】より

…国際オリンピック委員会International Olympic Committee(略称IOC)と国内オリンピック委員会National Olympic Committee(略称NOC)がある。 IOCは,フランスの教育学者クーベルタンの提唱で,1894年6月23日パリで創立された。IOCの目的は,(1)スポーツの基調をなす肉体的・精神的資質の発達を促進する,(2)スポーツを通じて,青少年に相互のよりよき理解と友好の精神を教育し,それによって,よりよき,より平和な世界の建設に寄与する,(3)世界にオリンピック運動の原則を普及し,それによって国際親善を喚起する,(4)世界のアスリート(競技者)を,4年に1度の偉大なスポーツ祭典,オリンピック大会に参集させることにある。…

※「クーベルタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クーベルタンの関連キーワードストックホルム・オリンピック競技大会セントルイス・オリンピック競技大会アントワープ・オリンピック競技大会ロンドン・オリンピック競技大会パリ・オリンピック競技大会オリンピック・コングレス世界オリンピアンズ協会オリンピアの古代遺跡生みの親・産みの親オリンピック憲章古代オリンピックオリンピックデーフェアプレー賞オリンピズムスポーツ写真サマランチ生年月日芸術競技競技場

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クーベルタンの関連情報