コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラミン銀行 グラミンぎんこう Grameen Bank

5件 の用語解説(グラミン銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラミン銀行
グラミンぎんこう
Grameen Bank

バングラデシュの銀行。グラミンはベンガル語で「村落」を意味する。貧困層を対象に,無担保の少額融資 (マイクロクレジット) を専門にする銀行で,経済学者のムハマド・ユヌスが創設。ユヌスは 1976年にグラミン・モデルを考案,貧困層向けの融資に取り組み始めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

グラミン銀行

マイクロクレジットと呼ばれる小口融資を専門にするバングラデシュの民間銀行。グラミンは「村」の意味。1976年に農村の主婦らに低金利で少額の融資を行い、生活向上の支援をする非政府組織(NGO)として発足。83年に銀行として政府の公認を得た。創始者は現在の総裁であるムハマド・ユヌス元チッタゴン大学教授。バングラデシュ独立と同時に滞在先の米国から帰国し、農村の女性自立を支援する活動に着手した。ところが、銀行から資金を借りる事業は困難の連続だったため、結局、自ら資金を集めて貸し付けようと考え、銀行設立を決断した。借り手の多くが貧農や女性。無担保で貸し付け、年50回の分割返済。返済は仲間5人との連帯責任で行う。今では、バングラデシュ全国に支店約2200、職員約1万8000人の「大銀行」になったといえる。しかも、返済率は98%の好成績だ。マイクロクレジットは、貧困救済のモデルとして世界的な評価を得つつあり、アフリカなど他の途上国にも広がりを見せている。

(竹内幸史 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

グラミン銀行

ユヌス氏らが76年、銀行が融資しない農村部の貧しい人々を対象に無担保で少額を貸し付け、自立のための起業を促す取り組みを始めた。83年にグラミン銀行を設立。2259支店で全国の約8万5千村のうち7万3千村近くをカバー。融資総額は約3千億タカ(約5千億円)に上る。少額融資は100カ国以上で実施されている。

(2006-12-06 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グラミン‐ぎんこう〔‐ギンカウ〕【グラミン銀行】

ムハマド=ユヌスバングラデシュに設立した銀行。農村部の貧困層を主な対象として無担保低利の少額融資を行い、自立を支援する。借り手の多くが女性。融資の返済率が高く、採算が取れているため、政府の援助に過度に頼らず融資先を拡大することが可能で、社会的企業の典型的な成功例とされる。同銀行とユヌスは2006年にノーベル平和賞を受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラミン銀行
ぐらみんぎんこう
Grameen Bank

バングラデシュの特殊銀行。貧しい人々を対象に無担保で少額融資(マイクロクレジット)を行う銀行で、その創設者ユヌス博士とともに2006年のノーベル平和賞を受賞した。
 グラミン銀行誕生のきっかけは、ユヌスが体験した1974年のバングラデシュの大飢饉(ききん)であった。当時、チッタゴン大学の経済学部長であったユヌスは、貧困のために飢えて死んでいく人々を救う方法を模索し、考え出したのが少額融資による貧困撲滅計画「グラミン・バンク・プロジェクト」であった。少額融資事業を始めたのは1976年からであるが、1983年に特殊銀行として正式に発足、ユヌスはその総裁に就任した。なおグラミンとはベンガル語で「村の」という意味である。
 銀行の株は政府が60%、残り40%をメンバー(1人1株)が保有する。銀行の特徴としては、融資の対象が貧しい人に限定されていることである。さらに融資を受ける人は5人のグループを形成し、担保を必要としないかわりに、返済については連帯責任となる。また毎週集会が開かれ、それへの参加も義務づけられている。グラミン銀行は、融資するだけでなく、この集会を通じて、識字教育、保健衛生の普及、家族計画、職業訓練などのプログラムを実行している。バングラデシュの農村部における識字率は1997年現在で男性44.5%、女性35.3%にすぎず、グラミン銀行の活動は教育の普及、生活向上にも役だっている。イスラム教の盛んなバングラデシュでは、女性の地位が低い。とくに女性が就職や財産管理などの経済活動を行うことを嫌う傾向がある。そのため、グラミン銀行から融資を受ける人は、自分で自由になる金銭を求める女性が圧倒的に多く、2006年ではメンバーの95%が女性で占められ、勤勉な女性が経済的に自立できる例が多くみられている。一方、グラミン銀行に対して、年20%という高金利、相互監視のようなグループ連帯保証などに対し批判の声もある。しかしグラミン銀行で成功したマイクロクレジットは、開発途上国はもとより、先進国にも広がりをみせている。
 2006年10月現在、メンバー数は667万7000人、累積融資額は57億7000万ドルであり、融資の返済率は99%に達している。[編集部]
『渡辺竜也著『「南」からの国際協力――バングラデシュグラミン銀行の挑戦』(1997・岩波書店) ▽ムハマド・ユヌス、アラン・ジョリ著、猪熊弘子訳『ムハマド・ユヌス自伝――貧困なき世界をめざす銀行家』(1998・早川書房) ▽坪井ひろみ著『グラミン銀行を知っていますか』(2006・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラミン銀行の関連キーワードマイクロ・クレジットクレジットタイトルクレジットラインスタンドバイクレジットクレジット会社社会起業家マイクロクレジットマイクロソフトカードクレジットコストマイクロクレジット(少額融資)

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラミン銀行の関連情報