コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルーズ グルーズ Greuze, Jean-Baptiste

5件 の用語解説(グルーズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルーズ
グルーズ
Greuze, Jean-Baptiste

[生]1725.8.21. トゥルニュ
[没]1805.3.21. パリ
フランスの画家。リヨンの肖像画家 C.グランドンのもとで修業後,パリの王立アカデミーに学ぶ。一時イタリアに滞在したほかはほとんどパリで制作。 1755年に初めてサロンに出品した『家族に聖書を読んで聞かせる祖父』 (ルーブル美術館) で名を揚げ,『村の花嫁』 (1761,同) や『子供たちに看護される中風患者』 (63,エルミタージュ美術館) によってディドロの称賛を受け,多大の人気を得る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グルーズ(Jean-Baptiste Greuze)

[1725~1805]フランスの画家。教訓性を帯びた市民風俗画や愛らしい少女像を描いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グルーズ

フランス・ロココの画家。トゥルニュ生れ。宮廷風俗を描いた同時代の他の画家と違い,市民生活に題材を求めた風俗画を多く描いた。画風にはセンティメンタルな甘さがあるが,教訓的な内容によりディドロらから絶賛された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グルーズ【Jean‐Baptiste Greuze】

1725‐1805
フランスの画家。トゥールニュ生まれる。リヨンで学び1750年ころパリに出てアカデミーでナトアールの弟子となる。しかし公的な道を歩まず,むしろオランダ絵画の写実性と逸話性を範とし,55年のイタリア遊学に際しても,もっぱら絵画的情趣を持ち帰っている。こうした,ディドロのいう〈繊細で感受性にみちた魂〉で主題を扱う態度が,1716年サロン出品の《村の結婚式》以来の新しい風俗画として実る。ディドロたちによって〈道徳的絵画〉として称揚されたこの種の作品は,今日から見れば,ロココ的甘美さの市民化,家庭化にすぎず,むしろ,《ソフィー・アルヌー》(ロンドンウォーレスコレクション)などの肖像に,緻密な筆致と甘美な感傷性をもつグルーズの才能が見いだされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルーズ
ぐるーず
Jean-Baptiste Greuze
(1725―1805)

フランスの画家。トゥールニュに生まれ、リヨンで学んだのち、1750年ころパリに出る。55年サロン出品の『家族に聖書を読みきかせる父親』(サンクト・ペテルブルグ、エルミタージュ美術館)で世評を高め、69年アカデミー入り。ロココ風の甘美さと、オランダ絵画の精密な描写、それに若干の教訓性を帯びた主題の結合は、当時「道徳絵画」を求めたディドロたちの主張に迎えられた。『村の結婚』『こわれた瓶』(ともにルーブル美術館)などが代表作だが、ディドロたちの称揚にもかかわらず、本質的にはそれらはロココ的感傷主義の一側面でしかない。むしろ、古典主義的な歴史画、あるいはレンブラントの影響を思わせる肖像画の分野に彼の力量は発揮されている。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグルーズの言及

【風俗画】より

…18世紀にディドロがgenreという語を使ったとき,花,果実,動物,山,森,林,家庭生活などの特殊な〈種類〉の絵を専門とする画家を意図していた。またフランスの画家J.B.グルーズが1769年,アカデミー入りを許可されたとき,初めて〈Peintre du genre〉と称号されたが,それは彼が当時の中産階級の道徳・教訓を主題とする〈特殊なタイプの絵画〉を敷衍させた画家という意味であった。19世紀になりブルクハルトが〈ネーデルラントの風俗画〉(1874)を講じたとき,ようやく今日とほぼ同じ意味での風俗画を意図したのである。…

※「グルーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グルーズの関連キーワードアルトゥングクルーエバントゥー山ラトゥールポワトゥーシャラントトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団ドラクロワ礼賛マナオ・トゥパパウトゥールニュールトゥーシュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グルーズの関連情報