コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレート・スレーブ[湖] Great Slave Lake

世界大百科事典 第2版の解説

グレート・スレーブ[湖]【Great Slave Lake】

カナダ,ノースウェスト・テリトリーズ南部にある巨大な湖。面積2万8440km2,最大水深613m,湖面標高156m。カナダ楯状地縁辺部の大湖沼群の一つ。スレーブ川など多くの川が流入し,マッケンジー川となって北極海へ流出する。周囲はタイガないしツンドラ。マスやサケなどの漁獲が行われる。北岸のイェローナイフは,テリトリーズの行政中心であるとともに,金の鉱山としても知られる。1771年イギリス人探検家S.ハーンが湖を発見した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android