コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーナー グレーナーGroener, Wilhelm

3件 の用語解説(グレーナーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーナー
グレーナー
Groener, Wilhelm

[生]1867.11.22. ウュルテンベルク
[没]1939.5.3. ポツダム近郊ボルンシュテット
ドイツの軍人,政治家。参謀次長として第1次世界大戦の敗戦処理に努力。ドイツでの共産革命を防止するため,F.エーベルト社会民主党政府による武力行使を支援,ワイマール時代の 1928~32年,国防相としてドイツの再軍備を実施。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グレーナー【Wilhelm Groener】

1867‐1939
ドイツの軍人,政治家。第1次大戦末期にドイツ帝国陸軍参謀次長。敗戦のなかで起こった1918年のドイツ革命に際しては,ロシア革命型の展開を阻止するために議会主義共和国を選択して社会民主党のエーベルトと提携し,皇帝を見捨てた。ワイマール共和制のもとでは,運輸相(1920‐23),国防相(1928‐32),内相(1931‐32)を歴任して共和制の安定に寄与したが,共和制末期の1932年4月,ブリューニング内閣の内相としてナチス突撃隊解散令を出してK.vonシュライヒャー将軍と衝突して退陣した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレーナー
ぐれーなー
Wilhelm Groener
(1867―1939)

ドイツの軍人、政治家。軍の鉄道輸送・動員計画の立案・実施に従事し、第一次世界大戦中には、軍需庁長官として総力戦体制の樹立に努め、労働力を動員するため労働組合と接触し、労資紛争に介入した。1918年10月ルーデンドルフの後任として参謀次長となり、同年11月のドイツ革命では社会民主党のエーベルトと協力して革命の急進化を抑え、ワイマール共和国を成立させた。だが、このとき皇帝を見殺しにし、ベルサイユ条約受諾に同意したとして、右翼の反感を買った。1920~1923年に交通相となり、1928~1932年国防相として軍の強化に努め、1931~1932年には内相をも兼任し、ナチ突撃隊(SA(エスアー))の弾圧を試みたが、大統領、軍部の反対にあって失脚。[吉田輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のグレーナーの言及

【国家総動員】より

…封鎖されやすいドイツでは,開戦直後に実業家W.ラーテナウの指導下に戦時原料局が設立され,大工業家や銀行家の協力を得て工業原料の統制を軌道にのせていたが,1916年8月にはヒンデンブルクを参謀総長とする最高統帥部による軍事独裁が成立し,ルーデンドルフが参謀次長兼兵站総監として実権をにぎり,国家総動員を推進した。W.グレーナー中将を長官に戦時庁がつくられ,軍需産業界に巨額の融資をおこなうとともに,労働組合指導者の協力をとりつけて男子労働力の全面動員をはかる祖国補助勤務法を実行に移した。両者のバランスが考慮されたのである。…

※「グレーナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

グレーナーの関連キーワード藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織明治天皇江戸時代キンバリー大政奉還

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone