グロスマン(読み)ぐろすまん(英語表記)Леонид Петрович ГроссманLeonid Petrovich Grossman

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グロスマン(Leonid Petrovich Grossman)
ぐろすまん
Леонид Петрович Гроссман Leonid Petrovich Grossman
(1888―1965)

ソ連の文芸学者、作家。1911年ノボロシースク大学卒業。主としてポチョムキン名称モスクワ市立教育大学で文芸理論や文学史を講ずるかたわら、プーシキン、レールモントフ、ツルゲーネフ、ドストエフスキー、レスコーフに関する論文、著書を発表。なかでもドストエフスキーに関しては膨大かつ実証性に富んだ業績を残し、世界の研究者の間で知られている。代表的著作には『ドストエフスキーに関するゼミナール』(1922)、『ドストエフスキーの詩学』(1925)、『ドストエフスキー』(1965)、『プーシキンの生涯』(1960)のほか、伝記小説『ルーレッテンブルグ』(1932)など。[箕浦達二]
『北垣信行訳『ドストエフスキイ』(1966・筑摩書房) ▽高橋包子訳『プーシキンの生涯』(1978・東京図書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グロスマンの関連情報