コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グージョン Goujon, Jean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グージョン
Goujon, Jean

[生]1510頃.ノルマンディー?
[没]1568頃.
フランスの彫刻家。 1540年にルーアンで活躍していた以前のことは不明だが,おそらくイタリアで古典様式を学んだものと推測されている。代表作にパリのサン・ジェルマン・ロクセロア教会の内陣障壁彫刻 (1544~45,ルーブル美術館) や『フォンテーヌ・デ・イノサン』 (1547~49) の部分が現存。作風は後者の有名なニンフの浮彫彫刻が示すように,古典的様式にフランス風の繊細,優雅な趣をみごとに融合したもの。 1548~62年ルーブル宮殿造営にピエール・レスコーとともに携わり,ファサードの装飾やカリュアティド (1549頃~53) などを制作したが,それらは 19世紀に不適切な修復によってそこなわれた。 1562年以後の消息は不明。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

グージョン

フランスの彫刻家建築家。ノルマンディーに生まれ,パリ,ルーアンなどで活躍,1562年以降ボローニャに定住した。イタリア・ルネサンスの影響を受けながら,独自の形態感覚を加味し,柔らかな肉付けと優美な肢体とを特色とする人像彫刻を多く残した。
→関連項目レスコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グージョン【Jean Goujon】

フランス・ルネサンスの彫刻家。生地,生没年は不詳。1540年ごろからルーアンで活動していた記録があり,おそらく1510年ごろ生まれ,若年にイタリアに赴き,直接にローマ時代やルネサンスの美術に接して学んだと推定される。作品はほとんどすべて建築装飾として制作されている。44年パリで建築家レスコに協力し,サン・ジェルマン・ローセロア教会のジュベ浮彫装飾を制作,そのひとつ《ピエタ》にはパルミジャニーノの版画の影響がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

グージョン【Jean Goujon】

1510頃~1566頃) フランスの彫刻家・建築家。ルーブル宮の造営に参加。イタリア初期ルネサンス形式と古典的様式とを融和させた作風で、特に浮き彫りにすぐれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グージョン
ぐーじょん
Jean Goujon
(1510ころ―68ころ)

フランス・ルネサンスのもっとも重要な彫刻家の一人。現存作品のうちもっとも早いものがルーアンのサン・マクルー聖堂のオルガン支柱(1540~42)であるため、彼の生地はノルマンディー地方と思われる。おもにパリで活躍し、サン・ジェルマン・ローセルワ聖堂の内陣障壁(1544)、『幼児たちの泉』(1547~49)、ルーブル宮の女人像柱の間の『女人像柱(カリアティード)』(1550)などはいずれも優雅な古典性をたたえた名品である。1562年からパリでの消息がなく、晩年はボローニャに住み、同地で没したと思われる。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のグージョンの言及

【レスコ】より

…フランスの建築家。パリの良家に生まれ,数学や幾何学と共に建築を学んだルネサンス人で,彫刻家グージョンの協力を得てオテル・カルナバーレ(1550)やルーブル宮殿方形中庭南西隅(1559)などを設計。綿密に研究された古典オーダーとギリシア的優美にみちた彫刻装飾をみごとに融合させ,記念性を重んじる同時代のイタリア建築には見られない装飾豊かなフランス・ルネサンス建築を創始した。…

※「グージョン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グージョンの関連キーワードクーザン(Jean Cousin (le Père))フォンテンブロー派浮き彫りクーザンフランス様式造営作風

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android