ケアンズ(読み)けあんず(英語表記)Cairns

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケアンズ(オーストラリア)
けあんず
Cairns

オーストラリア、クイーンズランド州北東岸の都市。人口13万3199(2001)。同州最北部の地方中心都市で、海岸のサトウキビ地帯からの粗糖を、港から輸出、移出する。背後に肥沃(ひよく)なアサートン台地、前面にグレート・バリア・リーフを控え、冬季には避寒客が訪れる。ブリズベン(南へ道路で1500キロメートル余り)に航空路、鉄道、道路が通じる。1876年、金鉱基地として開かれた。名称は当時の植民地総督名に由来。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケアンズの関連情報