コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケアンズ ケアンズ Cairnes, John Elliott

6件 の用語解説(ケアンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケアンズ
ケアンズ
Cairnes, John Elliott

[生]1823.12.26. キャッスルベリンガム
[没]1875.7.8. ロンドン
イギリスの経済学者。ダブリンのトリニティ・カレッジを法学専攻で卒業後,経済学の研究に入り,1856年同大学経済学教授,また 59年ゴールウェークイーンズ・カレッジ経済学法学教授,66年ロンドンのユニバーシティ・カレッジ経済学教授に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ケアンズ
ケアンズ
Cairns

オーストラリア,クイーンズランド州北東岸の都市。ブリズベン北方約 1700km,東海岸沿いの鉄道,道路の終点。 1870年代に奥地の金とスズの鉱山のための基地,港湾として建設された。現在は同州最北部の中心都市。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケアンズ(Cairns)

オーストラリア、クイーンズランド北東部の港湾都市。同州北部の中心地。1770年にジェームズ=クック一行が初めて同地を調査。後背地に豊かな農業地帯が広がり、サトウキビをはじめとする農産物の積出港として発展。グレートバリアリーフ北部への観光拠点。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケアンズ

オーストラリアのクイーンズランド州北東部にある都市。19世紀末から金,スズの発見とサトウキビの栽培で発展した。トリニティ湾に臨む港は,今もオーストラリアの主要な砂糖の積出港である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケアンズ【Cairns】

オーストラリア,クイーンズランド州北東岸の都市。人口10万1000(1995)。海岸のサトウキビ地帯,背後のアサートン台地,前面のグレートバリアリーフをひかえた同州最北部の地方中心都市。港から粗糖を輸・移出する。州都ブリズベーンに航空路,鉄道,道路が通じる。熱帯気候で冬に同国南部から避寒客が訪れる。1876年開基(金鉱基地),1923年市制。市名は開基当時の植民地総督名に由来する。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ケアンズ【Cairns】

オーストラリア北東部、珊瑚さんご海に臨む港湾都市。鉄・スズ・ニッケルなどの輸出が多い。観光地としても有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケアンズの関連キーワードウェイパクイーンズランド南オーストラリアオーフィアス島カラウンドラキャッスルヒルティナルー湖ブラックオール山脈ミラミラ滝クイーンズランド・ヒーラー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケアンズの関連情報