コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケストラー ケストラー Koestler, Arthur

6件 の用語解説(ケストラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケストラー
ケストラー
Koestler, Arthur

[生]1905.9.5. ブダペスト
[没]1983.3.3. ロンドン
ハンガリー生れのイギリスの小説家。ユダヤ系。ウィーン大学に学ぶ。新聞記者としてパレスチナ,ソ連におもむき,やがて共産党に入党。 1937年イギリスの新聞の特派員としてスペインに潜入,フランコ側の捕虜になり死刑の宣告を受けたが,イギリス政府の働きかけで釈放,この体験をルポルタージュ『スペインの遺書』 Spanish Testament (1937) に綴った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケストラー(Arthur Koestler)

[1905~1983]英国の小説家・ジャーナリスト。ハンガリーの生まれ。スペイン抑留時代の経験をもとにした「スペインの遺言」、ソ連の全体主義を批判した「真昼の暗黒」ほか、多くの政治小説を書いた。また「機械の中の幽霊」では構造を表す単位ホロンを提唱。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケストラー

英国の小説家。ハンガリーのブダペスト生れ。1931年共産党に入党,スターリンによる〈大粛清〉のころ離党。代表作に政治小説《真昼の暗黒》(1940年),科学史・科学論《創造活動の理論》(1964年)や《機械の中の幽霊》(1968年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケストラー【Arthur Koestler】

1905‐83
ブダペスト生れのイギリスの小説家,ジャーナリスト。ウィーン大学に学び,新聞社の通信員として中東を放浪。1931年共産党に入党,スペイン内戦では《ニューズ・クロニクル》の特派員として活躍,フランコ側に捕らえられ,このときの経験から《スペインの遺書》(1937)が生まれた。第2次大戦中もフランスで捕らえられ悲惨な獄中生活を経験,これを描いたのが《人間の屑》(1941)である。一方,38年,スターリンによる政治的裁判が行われているころ離党し,この裁判の被告心理を描いた《真昼の暗黒》(1940)で政治小説家としての地位を確立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ケストラー【Arthur Koestler】

1905~1983) イギリスの作家・ジャーナリスト。ブダペスト生まれ。「真昼の暗黒」でソビエト全体主義を批判した。科学論「機械の中の幽霊」ではホロンの概念を提唱。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケストラー
けすとらー
Arthur Otto Koestler
(1905―1983)

イギリスの小説家、ジャーナリスト。ユダヤ系。ブダペスト生まれ。ウィーン大学に在学後、ウルフスタイン社の通信員として近東、パリなどに駐在した。1931年共産党入党。翌1932年訪ソ後ナチスを避けてパリに亡命。スペイン内戦では英紙の特派員として取材中、フランコ側に逮捕され死刑の宣告を受けたが、イギリス政府の尽力で釈放された。このルポルタージュが『スペインの遺書』(1937)である。1938年脱党、1941年来イギリスに住む。モスクワ裁判の高級党員被告が自己否定に至る意識構造を描いた『真昼の暗黒』(1940)で一躍有名となり、『参加と離党』(1943)、『行者と人民委員』(1945)など多くの政治小説を書いた。彼の作品の特徴は、政治的緊張の真っただ中に赴き、その中心的な問題をルポルタージュ風な形で提起する点にある。このほか自伝『空に放たれた矢』(1952)、『見えない書物』(1954)などを発表。『夢遊病者』(1959)あたりから東洋思想にも関心を深めたが、1983年妻とともに安楽死を実践した。[鈴木建三]
『平田次三郎訳『スペインの遺書』(1974・新泉社) ▽日高敏隆・長野敬訳『機械の中の幽霊』(1984・ぺりかん社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケストラーの関連キーワードブダペスト弦楽四重奏団ケルテスブダブダペスト交響楽団ブダペスト祝祭管弦楽団ブダペスト秋の祭典ブダペスト春の祭典ブダペスト・バロック・フェスティバルブダペストの要塞バリント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケストラーの関連情報