ケネディ(読み)けねでぃ(英語表記)Edward Moore Kennedy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケネディ(Edward Moore Kennedy)
けねでぃ
Edward Moore Kennedy
(1932―2009)

アメリカの政治家。マサチューセッツ州選出民主党上院議員。マサチューセッツ州生まれ。第35代大統領ジョン・F・ケネディ、ロバート・ケネディの弟。ハーバード大学、バージニア大学大学院で法律を学び、兄ジョンの選挙運動で活躍。1962年に30歳で史上最年少の上院議員(民主党)として当選。社会福祉政策や人種差別撤廃政策を積極的に支持し、民主党進歩派の旗頭的存在として活躍。1979年1月上院司法委員長に就任。1980年の大統領選挙でカーターと民主党内の指名を争い、敗れた。1982年初頭からは核凍結運動の推進者として有名。女性秘書を自動車事故で水死させた「チャパキディック事件」(1969)や離婚など個人的問題が尾を引き、1984年大統領選挙への出馬を取りやめた。[藤本 博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ケネディの関連情報