コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンタッキー[州](読み)ケンタッキー

百科事典マイペディアの解説

ケンタッキー[州]【ケンタッキー】

米国中南部の州。略称KY。アパラチア山脈西麓の丘陵地帯が大部分で,オハイオ川が北側の境界をなす。農業が主で,タバコトウモロコシ,大豆,小麦,果物の栽培が盛ん。牛,豚の畜産もあり,サラブレッド競走馬の飼育で知られる。1875年以来ルイビルで開催されてきたケンタッキー・ダービーは世界的に有名。歴青炭,石油,天然ガスの産出も多い。食品加工,機械工業も行われる。バーボン・ウィスキー,タバコ業は伝統的産業。南部はTVAの一環をなし,人造のケンタッキー湖がある。マンモス・ケーブ国立公園は観光地。1765年最初の植民。1783年パリ条約により合衆国領に。バージニアの一部であったが,1792年連邦加入。州都フランクフォート。最大都市はルイビル。S.C.フォスターの《マイ・オールド・ケンタッキー・ホーム》が州歌となっている。10万2269km2。441万3457人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケンタッキー[州]【Kentucky】

アメリカ合衆国南部の州。公式名称はCommonwealth of Kentucky。略称Ky.,Ken.。連邦加入1792年,15番目。面積10万4623km2,人口388万(1996)。州都はフランクフォート,最大都市ルイビル。州名はイロコイ語あるいはチェロキー語で〈暗く血まみれの土地〉〈大草原〉〈荒地〉〈明日の土地〉などを意味するとされる。1783年パリ条約により合衆国領となった。地形は丘陵性で,西流するオハイオ川が北側の州境をなす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のケンタッキー[州]の言及

【ブルーグラス】より

…5弦バンジョー,フラット・マンドリン(背の平たいマンドリン),ギターなどを使い,電気楽器を含まないのを特徴とする。この種の音楽を広めたビル・モンローBill Monroeが,1939年に組織したグループをブルーグラス・ボーイズと名づけたのが名称の起りで,ブルーグラスとはモンローの出身地ケンタッキー州の愛称である。【中村 とうよう】。…

※「ケンタッキー[州]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android