コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケントゥリア centuria

2件 の用語解説(ケントゥリアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケントゥリア【centuria】

古代ローマで200ユゲラ(約50ha)の土地,また軍団や民会基本単位をいう。ケントゥムcentum(100)に由来し,前者はヘレディウム(2ユゲラの世襲地)の100倍,後者は百人隊が原義。歴史上重要なのはセルウィウス・トゥリウス王の創始というケントゥリア組織で,財産を基準に市民をクラシスに格付けて軍務を課し,さらにケントゥリアに所属させた。構成は騎兵が18,歩兵の5クラシスが80,20,20,20,30,貧困市民が1,らっぱ手と工匠が各2で,計193ケントゥリア。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケントゥリア
けんとぅりあ
centuriaラテン語

古代ローマの軍団(市民による正規軍)の最小単位、および民会の投票単位。100を意味する。伝承によると、6代目の王セルウィウス・トゥリウスが創設した民会は、ローマ市民全体を193ケントゥリアに分け、各ケントゥリアが1票をもつ形で政務官magistratus選挙や法律の決定を行った。この民会(ケントゥリア民会という)では、騎兵が18、歩兵は5級(クラッシス)に分かれ、第1が80、第2、第3、第4が20、第5が30各ケントゥリアをもち、ほかに工兵、ラッパ手などが5ケントゥリアをもった。歩兵の5級別は財産額によった。この民会は軍隊の集会という性格をもったから、元来は軍会であったものが、民会として発達したものと推定され、各ケントゥリアは元来百人隊提供義務をもったものであろう。そしてこのような複雑な構成は後世の発達した形で、共和政初期にはもっと単純な構成であったものと考えられる。古く王政時代には、クーリアがケントゥリア(百人隊)を提供し、ケントゥリア民会は紀元前241年以後に改革されてトリブスと関連づけられ、その形で共和政の間はローマのもっとも重要な民会であった。帝政期にはさらに形を変え、政治的重要性を失い、ただ穀物分配の基礎として用いられた。軍団の百人隊は、帝政末期まで存続した。このほかケントゥリアは、2ユゲラのヘレディウム(割当地)100という意味で現れ、公有地測量の単位として用いられた。[弓削 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のケントゥリアの言及

【ローマ】より

…2人の政務官はまもなくコンスル(執政官)と呼ばれるようになる。 民会については,セルウィウス・トゥリウス王の改革とされる兵員会(ケントゥリア会comitia centuriata)が伝えられるが,これは前5世紀前半につくられたものであろう(ケントゥリア)。ケントゥリア会は市民団の新しい編制を基礎とした。…

※「ケントゥリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケントゥリアの関連キーワード弓削リウィウスローマ神話パクスローマーナローマ数字ローマ風呂古代ローマ帝国ローマンブリテン古代ローマの航跡をたどれ古代ローマ人の格言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone