コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンブリッジプラトン学派 ケンブリッジプラトンがくは

大辞林 第三版の解説

ケンブリッジプラトンがくは【ケンブリッジプラトン学派】

一七世紀後半のイギリスで、ホッブズらの機械論的哲学に対する、プラトン研究の盛んなケンブリッジ大学を中心とした理性主義的な一派。唯心論的自然観と汎キリスト教的信仰を唱え、生得観念や知識の想起説を認める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ケンブリッジプラトン学派の関連キーワードカント(Immanuel Kant)モア(Henry More)ケンブリッジ大学新プラトン主義新プラトン学派ウィッチコートイギリス哲学カドワースイギリス生得観念物活論想起説モア理性一派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android