コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケースワーカー ケースワーカー social case worker

6件 の用語解説(ケースワーカーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケースワーカー
ケースワーカー
social case worker

心身いずれかの面でハンディキャップをもち,社会との交流に支障のある個人に対して,援助者として社会生活への復帰,参加に協力する職種。アメリカでは専門職となっているが,日本では福祉事務所児童相談所などで,こうした仕事にたずさわる社会福祉主事児童福祉司身体障害者福祉司ケースワーカーと呼んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ケースワーカー

自治体の生活保護申請窓口で、面接対応や保護の要否調査から、受給後の家庭訪問や就労指導まで保護費支給に関する業務全般を担当する。配置の最終決定権は自治体にある。

(2009-05-08 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケースワーカー(caseworker)

ケースワーク活動に従事する社会福祉の専門家。CW。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケースワーカー

ソーシャル・ワーカー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケースワーカー【caseworker】

ソーシャル・ケースワーカーsocial caseworkerの略称。社会生活上の問題をみずから解決することが困難なために,専門的なサービスを必要としている個人または家族に対して,個別的な援助を与える専門技術がソーシャル・ケースワークsocial caseworkであり,それを行う専門家がケースワーカーである。ケースワークは,第1次大戦後のアメリカにおいて,M.E.リッチモンドによって体系化され,日本には大正末期に紹介された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ケースワーカー【caseworker】

ケースワークに従事する専門職。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケースワーカーの関連キーワードソーシャルワーカーソーシャルケースワーカーソーシャルケースワークワーカー医療ソーシャルワーカーソーシャルウエアソーシャルコマースメディカルソーシャルワーカーソーシャル・ケースワーク医療ソーシャル・ワーカー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケースワーカーの関連情報