コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーソン caisson

翻訳|caisson

世界大百科事典 第2版の解説

ケーソン【caisson】

基礎あるいは港湾工事に用いられる箱状もしくは円筒状の構造物。ケーソンを利用して基礎を築造するケーソン工法は,適当な支持層が地中の深いところに存在するが,土止めや仮締切りをしただけではその深さまでの掘削が困難な場合,すなわち転石などが存在したり,土質や水深の関係で地下水位の低下が困難なときに有効な工法である。ケーソンには鉄筋コンクリート製のほか鋼製や木製のものもあり,またその形状や施工法によって,ボックスケーソン,オープンケーソン,空気ケーソンに分類される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケーソン
けーそん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ケーソンの関連キーワードブルーネル(Isambard Kingdom Brunel)海中工事技術の知識ベースケーソン基礎工法二重円筒ケーソン基礎[構造物]海上ヘリポート八光建設工業明石海峡大橋レーブリング水底トンネルクレーン船エアロックドルフィン高気圧障害波力発電圧気工法仮設工事トンネル潜函工法基礎工法

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケーソンの関連情報