ゲゼルシャフト(英語表記)Gesellschaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲゼルシャフト
Gesellschaft

利益社会。ドイツの社会学者 F.テンニェスの用語で,選択意志を基礎として形成される社会関係をいい,ゲマインシャフトに対して用いられる。ゲゼルシャフトは実用主義的合理主義,都会的ないしは産業的文明より生れ,人為的,機械的な,互いに相手を手段とする打算的な契約関係を特色とする社会であるといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゲゼルシャフト

テンニースゲマインシャフトの対概念として用いた用語。自然的な〈本質意思〉ではなく,観念的・作為的な〈選択意思〉に基づく人為的・機械的結合をさす。他から区別される自己を追求しながら,2次的に他者と結合していく関係。目的合理的志向に規定された企業体などがその典型。
→関連項目社会学集団

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲゼルシャフト
げぜるしゃふと
Gesellschaftドイツ語

ドイツの社会学者テンニエスがゲマインシャフトと対置して用いた語で、利益社会という訳語があてられることもあり、社会学の基本概念となっている。彼によれば、社会を成り立たせるのは人間意志であるが、これは目的と手段との関係において本質意志と選択意志とに分けられ、この後者の選択意志に基づいて成立するのがゲゼルシャフトである。選択意志とは、行為者の本質の無意識的な表現である本質意志に対して、一定目的の達成のための合理的な手段の意識的な選択を意味し、具体的には考量、打算、意識性などとして個人に現れ、社会的には協約、立法、世論などとして実現される。ゲゼルシャフトがこのような意志に基づく限りは、それは一定の目的達成のために、いわば人工的に形成されたものであり、そこにおいては人々は互いに利害の打算に基づいて合理的に行為し、返礼や反対給付がなければ人に対して何もしようとはしない。したがって、そこに成立するのは、利害の一致に基づく一面的な非人格的な関係であり、人々はそこで表面的にいかに親密にふるまうにしても、互いに絶えざる緊張状態に置かれ、あらゆる結合にもかかわらず、なお本質的には分離している。このようなゲゼルシャフトとしてテンニエスがあげるのは、大都市、国民および世界である。
 ところでゲゼルシャフトは、それと対概念をなすゲマインシャフトとともに、単に社会の類型概念として考えられているのみでなく、社会の歴史的な発展を示す概念としても用いられ、テンニエスは、ゲマインシャフトの時代にゲゼルシャフトの時代が続くとして、現代をゲゼルシャフトの優位を占める時代と考えた。しかし彼は、ゲマインシャフトが人間の本質意志に基づく限りは、なお社会の基礎をなすとみなし、1910年代の協同組合運動のなかに、ゲマインシャフトとゲゼルシャフトの総合としてのゲノッセンシャフトを認めようとした。[居安 正]
『杉之原寿一著『テンニエス』(1959・有斐閣) ▽テンニエス著、杉之原寿一訳『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』上下(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゲゼルシャフトの言及

【ゲマインシャフト】より

…共同社会あるいは基礎社会と訳されるが,語の構成からは〈共通あるいは共同していること〉で,この意味で使われることも多い。テンニースの著書《ゲマインシャフトとゲゼルシャフトGemeinschaft und Gesellschaft》(1887)でゲゼルシャフトGesellschaft(利益社会あるいは派生社会と訳される)と対比しつつ,純粋社会学の根本概念とされた。テンニースは人間の共同生活における集合形式,関係形象,規範,価値の研究を社会学としたが,実在的・自然的な本質意思Wesenwilleと観念的・作為的な選択意思Kürwilleとを区別し,前者にゲマインシャフト,後者にゲゼルシャフトという集団類型をたてた。…

【集団】より

…要するに,(1)は人々の一体感による集団であり,(2)は合理的選択による集団であるといえる。(1)はゲマインシャフトや第一次集団と呼ばれるものであり,(2)はゲゼルシャフトや第二次集団と呼ばれるものである。近代および現代の社会では,(2)の集団類型が優勢になるのに対して,(1)の集団類型が劣勢になると考えられる。…

※「ゲゼルシャフト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android