コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コア・カリキュラム コアカリキュラム

百科事典マイペディアの解説

コア・カリキュラム

核coreとなる課程とそれに関連する周辺課程が同心円的に編成されたカリキュラムの全体,ないし中心課程のこと。アメリカカリキュラム改造運動における経験主義教育理論に基づいた教育課程統合理論として生まれ,第2次大戦後に日本にも導入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コア・カリキュラム
こあかりきゅらむ
core curriculum

1930年代以降、アメリカ合衆国で提唱された教育課程(カリキュラム)の形態。教科の生活化・統合を意図したものであって、一般に、子供の生活上の問題を解決するための単元学習からなる「中心課程(コア)」と、それを支えるものとしての専門分化した体系的な知識、芸術、技術の習得を目的とする「周辺課程」とから構成されている。代表的なものにバージニア・プランカリフォルニアプランがある。日本でも第二次世界大戦後、アメリカの影響のもとで、コア・カリキュラム連盟を中心に研究と試行が活発に行われたが、1950年代、経験主義教育論の勢いが衰えるにつれ、科学主義・系統主義の教科カリキュラムに押されて後退していった。しかし1990年ごろから学習や生活の断片化・抽象化、人格発達上の問題が指摘されるようになり、子供の生活課題にこたえる総合的な学習を教育課程の中軸に組織する意義が説かれ、ふたたび注目を集めるようになった。[森分孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コア・カリキュラムの関連キーワードCoreCore iCore iOS X LionATOMCore i5Core i7/i5/i3Core 2 DuoCore iClarkdale

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コア・カリキュラムの関連情報