コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コア・カリキュラム コアカリキュラム

2件 の用語解説(コア・カリキュラムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コア・カリキュラム

核coreとなる課程とそれに関連する周辺課程が同心円的に編成されたカリキュラムの全体,ないし中心課程のこと。アメリカカリキュラム改造運動における経験主義教育理論に基づいた教育課程統合理論として生まれ,第2次大戦後に日本にも導入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コア・カリキュラム
こあかりきゅらむ
core curriculum

1930年代以降、アメリカ合衆国で提唱された教育課程(カリキュラム)の形態。教科の生活化・統合を意図したものであって、一般に、子供の生活上の問題を解決するための単元学習からなる「中心課程(コア)」と、それを支えるものとしての専門分化した体系的な知識、芸術、技術の習得を目的とする「周辺課程」とから構成されている。代表的なものにバージニア・プランカリフォルニアプランがある。日本でも第二次世界大戦後、アメリカの影響のもとで、コア・カリキュラム連盟を中心に研究と試行が活発に行われたが、1950年代、経験主義教育論の勢いが衰えるにつれ、科学主義・系統主義の教科カリキュラムに押されて後退していった。しかし1990年ごろから学習や生活の断片化・抽象化、人格発達上の問題が指摘されるようになり、子供の生活課題にこたえる総合的な学習を教育課程の中軸に組織する意義が説かれ、ふたたび注目を集めるようになった。[森分孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コア・カリキュラムの関連キーワード学科課程修士課程パワー・エレクトロニクスコアカリキュラムに付けて民事予科其れにつけても運営管理機関Core Course

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コア・カリキュラムの関連情報