コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウカンチョウ(紅冠鳥) コウカンチョウred‐crested cardinal

世界大百科事典 第2版の解説

コウカンチョウ【コウカンチョウ(紅冠鳥) red‐crested cardinal】

スズメ目ホオジロ科の鳥(イラスト)。全長約19cm,モズより少し小さい。羽色が美しいので,古くから飼鳥として輸入されている。雄は際だった冠羽をもち,頭部と冠羽,のど,上胸部は紅赤色である。背面は灰青色,腹面は白っぽい。雌は羽色が雄よりにぶい。幼鳥は頭部の紅赤色がなく,淡い褐色をしている。ブラジル南部からボリビアおよびアルゼンチン中部にかけて分布する。湿地性の低木林地帯にすんでいて,群れはつくらない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コウカンチョウ(紅冠鳥)の関連キーワードフレッドバード

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android