コウゾリナ(読み)こうぞりな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウゾリナ
こうぞりな
[学] Picris hieracioides L. var. glabrescens Ohwi

山野に普通に生えるキク科の二年草。ロゼットで越冬し、春に茎を伸ばして高さ30センチメートルから1メートルになる。葉はへら形。切ると白色の乳液が出る。全体に褐色で鉤(かぎ)状の剛毛があり、ざらざらした感触から顔剃菜(かおぞりな)あるいは剃刀菜(かみそりな)とよばれたものが転じてコウゾリナになったといわれる。5~10月にかけ径2~3センチメートルの、舌状花のみからなる黄色の頭花を多数つける。痩果(そうか)は赤褐色で、汚白色の冠毛があり、風散布される。樺太(からふと)(サハリン)から九州、中国にも分布する。ゆでた若菜は食用となり、家畜の飼料にも適する。カンチコウゾリナは本種の高山型で、丈が低く、総包は黒色で、濃黄色の花をつける。

[森田龍義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

コウゾリナ【Picris hieracioides L. var.glabrescens (Regel) Ohwi】

サハリンから九州の山野の路傍などに普通にみられ,ざらざらした葉や茎と鮮やかな黄色の頭花が特徴的なキク科の二年草(イラスト)。ざらつくのは褐色の剛毛が生えているためで,顔剃菜(かおぞりな)あるいは剃刀菜(かみそりな)が転じてコウゾリナとなったといわれる。ロゼットで越冬し,根出葉はへら形でタンポポに似ており,切るとやはり白い乳液が出るが,剛毛があるので区別できる。春,30~90cmの茎を直立し,その上部に舌状花のみからなる直径2cmの頭花をつけ,10月ころまで咲き続ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android