コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コククジラ Eschrichtius robustus; gray whale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コククジラ
Eschrichtius robustus; gray whale

クジラ目ヒゲクジラ亜目コククジラ科コククジラ属。体長は 11~15m。体重は最大約 35t以上。出生体長は 4.5~5m。体色は全身灰色,暗灰色または青灰色で,体表は多数の傷痕およびフジツボ類やクジラジラミ等の寄生生物でおおわれる。セミクジラ科とナガスクジラ科の中間の体型である。噴気孔は2個。背鰭 (せびれ) を欠くが,背の正中線後方に小隆起が7~15個ほど連なる。咽喉部に長さ約 1.5mの縦溝が2~4条ある。くじらひげは口内の上顎上面に片側で 130~180枚あり,長さは 40~50cmである。板状部も繊毛部も薄い黄色で,繊毛部はきわめて粗く,ときには直径 7mmに及ぶ。通常は3頭以下の群れで行動するが,回遊中は 16頭以上の群れをなすことがあり,また索餌場や繁殖場では群れがより大きくなる。回遊中や繁殖場では頻繁にとびはねるほか,よく周辺を観察したりする。若齢は好奇心が強く,人に体を触れさせたり,水をかけたりする。おもにゴカイ端脚類を,海底の泥とともに吸引しくじらひげでこし取って食べており,これらの底生動物を捕食することから大陸棚の浅い水域に分布が限定される。沿岸性。北太平洋に生息し,アジア系群とカリフォルニア系群の2系群がある。 18世紀までは北大西洋にも生息していたが絶滅。カリフォルニア系群の繁殖場はカリフォルニア湾の礁湖や浅瀬である。アジア系群の生態や生息数は不明。沿岸捕鯨により乱獲され絶滅の一途をたどっていたが,保護によりカリフォルニア系群は徐々に増加。チュクチ海では先住民捕鯨が認められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コククジラ
こくくじら / 克鯨
gray whale
[学]Eschrichtius robustus

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目コククジラ科のヒゲクジラ。コクジラともいう。この科は1属1種。全身灰色で、背びれはないが、尾部背側に小隆起が数個、山脈状に連なる。咽喉(いんこう)部に2~4条の縦溝がある。くじらひげは黄白色で厚く、片側に160枚生える。出生体長4.6メートルで、成熟した個体の平均体長は雄13メートル、雌14メートルになる。数百年前までは北大西洋にも分布していたが絶滅し、現在は北太平洋にのみ二つの系統群が存在する。東側系群はカリフォルニア半島南部の沿岸で冬季に繁殖し、夏季にはベーリング海北部と北極海で索餌(さくじ)し、その2か所の間を沿岸沿いに大きく回遊して生活する。西側系群は冬季は南シナ海の沿岸で繁殖して過ごし、夏季はオホーツク海の索餌場へ移動する。海底の砂中にすむ動物プランクトンの端脚(たんきゃく)類を好んで食べる。東側系群は19世紀後半から捕獲により資源が減少したが、現在では2万7000頭に回復し、シベリアと、アメリカのワシントン州では先住民のための捕獲が許されている。西側系群の資源は絶滅寸前の状態で、強い保護を要する。[大隅清治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コククジラの関連キーワードエルランゲル島保護区の自然生態系エルビスカイノのクジラ保護区コククジラ(克鯨)国際捕鯨条約コセミクジラヒゲクジラ類小鯨・児鯨山瀬春政コクジラ克鯨鬚鯨白鯨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コククジラの関連情報