コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクサギ(小臭木) コクサギ Orixa japonica

1件 の用語解説(コクサギ(小臭木)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コクサギ(小臭木)
コクサギ
Orixa japonica

ミカン科の落葉低木。北海道を除く日本各地の山野の樹下に生じる。高さ 1.5~2mでよく枝分れする。葉は互生であるが2枚ずつ左右に並ぶ独特の葉序を示す。長さ7~13cmの楕円形または倒卵形で先端はとがり,葉脚は短い葉柄につながる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コクサギ(小臭木)の関連キーワードベッコウハゴロモクサギカメムシ犬山椒臭木椿象小臭木酸塊花椒臭亀麝香揚羽白条天牛

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone