コクサギ(英語表記)Orixa japonica Thunb.

世界大百科事典 第2版の解説

コクサギ【Orixa japonica Thunb.】

強臭のある1属1種のミカン科の落葉低木で高さ1.5~2mとなる(イラスト)。通常,山野の木の下に生える。紙質の葉は単葉で,1側に2葉ずつを出す変則的互生(コクサギ型葉序という)をし,倒卵形または長楕円形,長さ5~12cm,毛がなく,先端はとがり,基部は広いくさび形,通常ふちには鋸歯がない。雌雄異株で4月頃,葉腋(ようえき)に黄緑色の花をつける。雄花総状花序で長さ2~4cm。花は4数性で径6mmぐらい,花弁には明点がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コクサギ
こくさぎ / 小臭木
[学]Orixa japonica Thunb.

ミカン科の落葉低木。高さ約2メートル。多く分枝し、特殊な互生葉序をなし、2枚ずつ枝の同側に葉を出す。葉は倒卵形ないし楕円(だえん)形で先はとがり、基部はくさび形、葉柄は短い。葉は光沢があり柔らかく、軟毛がある。雌雄異株。春に黄緑色の小花を枝の下方の葉腋(ようえき)につける。花は4数性。雌花は単出で、雄花は多数が総状花序をなす。果実は(さくか)で、果皮は硬く4個の分果に分かれる。本州から九州の低山地の林縁に生え、朝鮮半島南部、中国中部に分布する。名は、葉が臭気を有し、クサギより小形であることによる。葉は家畜のダニの駆除に用いられる。[古澤潔夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android