コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココ島国立公園 ココとうこくりつこうえん Cocos Island National Park

2件 の用語解説(ココ島国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ココ島国立公園
ココとうこくりつこうえん
Cocos Island National Park

コスタリカの南約 500kmの太平洋上に浮かぶココ島内にある国立公園。 1982年指定。起伏に富んだ島は豊かな自然に恵まれ,固有種の宝庫となっている。特に海洋生態の研究に適しており,サメ,マグロ,エイなどが観察できるほか,島の周辺は豊かな漁場となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

ココとうこくりつこうえん【ココ島国立公園】

1997年に登録、2002年に登録内容が変更された世界遺産自然遺産)で、コスタリカのココ島(ココス島)にある国立公園とその周辺海域が登録範囲に含まれている。ココ島は、同国の太平洋岸の南西沖合約550kmに浮かぶ孤島(火山島)。島の面積は46.6km2、島の最高標高は634m。断崖絶壁で取り囲まれ、年間降水量は7000mmに達する熱帯雨林気候で、島全体がココヤシをはじめとした、うっそうとしたジャングルに覆われている。ココ島の島名は、このココヤシに由来する。同島の豊富な水は、断崖から滝となって海に流れ落ちており、独特の景観を見せる。ちなみに、この島は小説『宝島』のモデルになったといわれている。この島は1526年にスペイン人により発見され、海賊たちが訪れていたことから財宝伝説もあり、ハンターたちが島の探索を繰り返してきたが、いまだに発見されていない。こうした絶海の豊かな自然環境から、同島は固有種を含む動植物の宝庫で、周辺の海域は、北赤道海流が通っているため豊かな漁場を形成しており、シュモクザメマンタ、マグロ、イルカなどが生息する豊かな海になっている。◇英名はCocos Island National Park。世界屈指のダイビングスポットとして人気を集めている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ココ島国立公園の関連キーワードブトリントシミエン国立公園アボメイの王宮群ゴフ島及びインアクセシブル島大チョーラ朝寺院群ダラム城と大聖堂タリン歴史地区〈旧市街〉中央アマゾン保全地域群バムとその文化的景観ローマ帝国の国境線

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone