コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッセル コッセル Kossel, Albrecht

6件 の用語解説(コッセルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッセル
コッセル
Kossel, Albrecht

[生]1853.9.16. ロストック
[没]1927.7.5. ハイデルベルク
ドイツ生化学者。シュトラスブルク大学で,E.ホッペ=ザイラーのもとで生理化学を学び,卒業 (1878) 後も母校で研究を続けた。マールブルク大学教授 (1895) を経て,ハイデルベルク大学教授 (1901) ,蛋白質研究所所長 (1923) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コッセル
コッセル
Kossel, Walther (Ludwig Julius Daschen Heinrich)

[生]1888.1.4. ベルリン
[没]1956.5.22. カッセル
ドイツの物理学者。父は生化学者 A.コッセル。ハイデルベルク大学で P.レーナルトに物理学を学ぶ。 1911年学位取得後,ミュンヘン大学,ミュンヘン工科大学で研究に従事。同大学私講師 (1920) を経て翌年キール大学理論物理学教授兼理論物理学研究所所長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コッセル(Albrecht Kossel)

[1853~1927]ドイツの生物学者。初め医学を学び、のちに細胞核の生化学的研究の先駆者となった。核酸の化学的組成、たんぱく質の構成などの研究で有名。1910年、ノーベル生理学医学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コッセル

ドイツの生化学者。シュトラスブルク大学卒。のちマールブルク大学教授を経て,ハイデルベルク大学教授。核酸やタンパク質,特に魚の精子のプロタミンを生理化学的に研究し,1910年にノーベル生理医学賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コッセル【Walther Kossel】

1888‐1956
ドイツの原子物理学者。核タンパク質の研究で1910年ノーベル生理・医学賞を受賞した生化学者Albrecht Kossel(1853‐1927)の子。11年ハイデルベルク大学で学位取得後,ミュンヘン大学でA.J.ゾンマーフェルトのもとに学び,13年ミュンヘン工科大学に就職,21年以後キールダンチヒチュービンゲン各大学の教授を歴任。N.ボーアの量子論を発展させてX線スペクトルの放出機構を論じ,原子内電子配置による原子価理論を最初に提出し(1916),化学結合を説明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コッセル【Albrecht Kossel】

1853~1927) ドイツの生化学者。核酸の化学組成とタンパク質の構成に関する研究が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコッセルの言及

【原子価】より

…たとえばNaとClはともに1価であり,Mg2+,Ca2+,Ba2+などはいずれも2価である。 原子価についての理論を初めて提出したのはW.コッセル(1916)である。彼は希ガスに反応性がないことに注目し,原子の最外殻が電子で満たされた電子配置の状態が最も安定であると考えた。…

※「コッセル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コッセルの関連キーワード核蛋白質原子物理学誘導蛋白質アポタンパク質可消化タンパク質鶏卵タンパク質タンパク質欠乏乳タンパク質複合タンパク質ムコタンパク質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone