コトヌー(英語表記)Cotonou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトヌー
Cotonou

ベナン南部,ギニア湾支湾のベナン湾に臨む港湾都市。アトランティク県の県都。ベナン最大の商工業中心地で,1965年,植民地時代以来の桟橋に代わって深水港が完成。同国だけでなくニジェールナイジェリアの輸出入の一部も扱う。おもな輸出品はラッカセイ (落花生) ,パーム油綿花。ニジェールのウランもここから輸出される。鉄道,道路交通の要地。醸造,織物,パーム油製造などの工業がある。沖合いで油田が発見された。国際空港がある。人口 65万 660 (2000推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コトヌー

ベナン南部,ギニア湾岸の港湾都市で,事実上の首都(憲法上はポルト・ノボ)。北部に通じる幹線鉄道の起点で,空港がある。商業の中心。ヤシ油,綿花,ラッカセイを輸出する。商工業が発達。18世紀以降ダホメー王国の支配地だったがフランスと英国が進出し1868年フランス領。67万8874人(2013)。
→関連項目ベナン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コトヌー【Cotonou】

西アフリカのベニン共和国の港町。人口53万3000(1992)。ベニンの首都はポルト・ノボであるが,大半の政府機関はコトヌーにある。ギニア湾に面するベニン第1の都市で,国際空港をもち,北部内陸に通ずる鉄道の起点でもある。内陸国ニジェールの産出するウラニウムなどもここから船積みされる。商工業が発達し,農林水産物の加工のほか,セメントその他の建築資材,アルミニウム,自動車組立てなどの工場もある。最近は沖合で石油試掘も行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コトヌー
ことぬー
Cotonou

西アフリカ、ベナン南部の港湾都市。ギニア湾に臨む。人口64万9580(1998)。同国の商工業、文化の中心地で、首都はポルト・ノボだが、行政機関も一部コトヌーに移転しつつある。年間荷扱い量15万トンの深水港をもち、おもにラッカセイを積み出す。国際空港があり、沿岸・内陸地方およびナイジェリアのラゴス、ニジェールのニアメなどとも道路で結ばれる。[大林 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android