コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コビトドリ(小人鳥) コビトドリ tody

翻訳|tody

1件 の用語解説(コビトドリ(小人鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コビトドリ【コビトドリ(小人鳥) tody】

ブッポウソウ目コビトドリTodidaeの鳥の総称。西インド諸島特産の非常に小型の鳥で,1属5種からなる。全長約10cm。羽色と形態は5種ともよく似ている。上面は緑色,のどは赤く,下尾筒は黄色,胸腹部は白色ないし淡黄色や淡緑色の部分があり,わきは桃色。脚は黒くて短い。雌雄は同色。くちばしは扁平でやや長く,上くちばしは黒く,下くちばしの大部分は赤い。主として山地の開けた森林に生息し,地上近くや低木層で生活している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コビトドリ(小人鳥)の関連キーワードブッポウソウ琴鳥木の葉木菟仏法仏宝仏法僧がっぽう鳥こびと殺人事件三人のこびと佐伯子首

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone