コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コビトドリ(小人鳥) コビトドリtody

翻訳|tody

世界大百科事典 第2版の解説

コビトドリ【コビトドリ(小人鳥) tody】

ブッポウソウ目コビトドリ科Todidaeの鳥の総称。西インド諸島特産の非常に小型の鳥で,1属5種からなる。全長約10cm。羽色と形態は5種ともよく似ている。上面は緑色,のどは赤く,下尾筒は黄色,胸腹部は白色ないし淡黄色や淡緑色の部分があり,わきは桃色。脚は黒くて短い。雌雄は同色。くちばしは扁平でやや長く,上くちばしは黒く,下くちばしの大部分は赤い。主として山地の開けた森林に生息し,地上近くや低木層で生活している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android