コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コビレゴンドウ コビレゴンドウ Globicephala macrorhynchus; short-finned pilot whale

3件 の用語解説(コビレゴンドウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コビレゴンドウ
コビレゴンドウ
Globicephala macrorhynchus; short-finned pilot whale

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科ゴンドウクジラ属。体長は雄約 6.1m,雌約 5.5mに達する。雄は体重約 3.6tになる。出生体長は 1.4m程度。体色は全身黒褐色あるいは黒色で,胸鰭 (むなびれ) つけ根に白色あるいは灰色の錨 (いかり) 型の模様がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コビレゴンドウ

ゴンドウクジラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コビレゴンドウ
こびれごんどう / 小鰭巨頭
short-finned pilot whale
[学]Globicephala macrorhynchus

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マイルカ科のハクジラ。世界の温帯、熱帯に分布。この和名は前記の学名に対して近年創作された。マゴンドウ、ナイサゴンドウ、シオゴトウ、タッパナガなどの従来の名称と同一種をさすが、産地によって形態に差があり、日本でも三陸以南の小形タイプ(体長5.2メートル以下でマゴンドウとよばれる)と三陸の大形タイプ(体長6.5メートル以上でタッパナガとよばれる)が知られている。[粕谷俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコビレゴンドウの言及

【ゴンドウクジラ(巨頭鯨)】より

…現生は2種。日本で昔からマゴンドウあるいはナイサゴトウ,シオゴトウ,タッパナガなどと呼ばれた種類はすべてコビレゴンドウG.macrorhynchus(英名short‐finned pilot whale)(イラスト)である。頭部が大きく太鼓のようなので,この名がある。…

※「コビレゴンドウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コビレゴンドウの関連キーワードハクジラ類マッコウクジラ赤坊鯨巨頭鯨歯鯨鬚鯨真巨頭イルカ(海豚)ゴンドウクジラ(巨頭鯨)ハナゴンドウ(花巨頭)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コビレゴンドウの関連情報