コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブナグサ

百科事典マイペディアの解説

コブナグサ

イネ科の一年草。日本全土の野原や路傍に普通にはえ,アジアの熱帯〜温帯に広く分布する。の下部は横にねてよく分枝し,長さ20〜50cmになる。葉身は狭卵形で,基部は茎を抱く。
→関連項目カリヤス(刈安)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コブナグサ【Arthraxon hispidus (Hack.) Makino】

小鮒草の意味で,卵形で小型の葉を小さなフナに見立てた(イラスト)。田の縁や原野湿地に多いイネ科の一年草。茎は細く,やや横にはった基部から,節で屈曲しながら立ち上がる。この茎の折れ曲がった形を関節した腕に見立てて腕草(かいなぐさ),脚藺(あしい)の名もついた。茎はよく枝分れして長さは30~40cmであるが,立ち上がった部分の丈は10~30cmにすぎない。葉は卵形で先はとがり,基部は心形となって茎を抱き,長さ3~5cmで,縁と両面に長い毛がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コブナグサ
こぶなぐさ / 小鮒草
[学]Arthraxon hispidus (Thunb.) Makino

イネ科の一年草。稈(かん)の基部は地面をはい、節から根を出して広がり、上部は斜上して高さ20~50センチメートル。葉は卵形で基部は茎を抱き、縁(へり)に剛毛がある。9~10月、稈の先に3~20本からなる花穂を掌状につける。小穂は対(つい)になって花穂の節につくが、有柄の小穂は退化して短柄のみになる。包穎(ほうえい)の背面は円く、剛毛がある。日本全土の低地の原野や道端に普通にみられ、アジアの温暖地にも広く分布する。名は葉の形を小鮒(こぶな)に見立てたもので、伊豆八丈島では八丈刈安(かりやす)とよばれ、黄色い染料として黄八丈を染める。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コブナグサの関連キーワードシンイー(興義)市刈安・青茅・苅安カリヤス(刈安)八丈刈安小鮒草黄八丈掻成草小穂笹擬尽草芋草

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android