コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブナグサ

3件 の用語解説(コブナグサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コブナグサ

イネ科の一年草。日本全土の野原や路傍に普通にはえ,アジアの熱帯〜温帯に広く分布する。茎の下部は横にねてよく分枝し,長さ20〜50cmになる。葉身は狭卵形で,基部は茎を抱く。
→関連項目カリヤス(刈安)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コブナグサ【Arthraxon hispidus (Hack.) Makino】

小鮒草の意味で,卵形で小型の葉を小さなフナに見立てた(イラスト)。田の縁や原野の湿地に多いイネ科の一年草。茎は細く,やや横にはった基部から,節で屈曲しながら立ち上がる。この茎の折れ曲がった形を関節した腕に見立てて腕草(かいなぐさ),脚藺(あしい)の名もついた。茎はよく枝分れして長さは30~40cmであるが,立ち上がった部分の丈は10~30cmにすぎない。葉は卵形で先はとがり,基部は心形となって茎を抱き,長さ3~5cmで,縁と両面に長い毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コブナグサ
こぶなぐさ / 小鮒草
[学]Arthraxon hispidus (Thunb.) Makino

イネ科の一年草。稈(かん)の基部は地面をはい、節から根を出して広がり、上部は斜上して高さ20~50センチメートル。葉は卵形で基部は茎を抱き、縁(へり)に剛毛がある。9~10月、稈の先に3~20本からなる花穂を掌状につける。小穂は対(つい)になって花穂の節につくが、有柄の小穂は退化して短柄のみになる。包穎(ほうえい)の背面は円く、剛毛がある。日本全土の低地の原野や道端に普通にみられ、アジアの温暖地にも広く分布する。名は葉の形を小鮒(こぶな)に見立てたもので、伊豆八丈島では八丈刈安(かりやす)とよばれ、黄色い染料として黄八丈を染める。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コブナグサの関連キーワード供与体プチ草の宿り小鮒小鮒草なふさなふさミニチュアフダンソウウィンドロウプチ・バセット・グリフォン・バンデーン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone