コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモ[湖] コモ

百科事典マイペディアの解説

コモ[湖]【コモ】

イタリア北部,ロンバルディア州,アルプス山麓の氷河湖。南北に長く,南部はふたまたに分かれる。湖面標高198m,最大水深410m。面積145km2。世界的な観光地で,湖畔にはコモレッコなどの都市がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コモ[湖]【Lago di Como】

イタリア北部,ロンバルディア州にある氷河湖。面積146km2,深さは414mでイタリア第1位。南北に細長く(南部は二分され,東側はレッコ湖とも呼ぶ),周囲にはプレアルプスの山々が迫っている。湖水と,風をさえぎる高い山々が温和な気候条件をつくり,雨量も比較的多いため,湖岸にはイトスギ,オリーブなどの地中海性の樹木も見られ,その明媚な景観によって古くから別荘地として名高い。【萩原 愛一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコモ[湖]の言及

【ベラジオ】より

…イタリア北部,ロンバルディア州コモ県の町。人口3050(1990)。…

※「コモ[湖]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コモ[湖]の関連キーワード観光地湖畔

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android