コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモド国立公園 コモドこくりつこうえんKomodo National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモド国立公園
コモドこくりつこうえん
Komodo National Park

インドネシア,小スンダ列島中のコモド島を中心とする国立公園。コモド島のほかパダル島,リンチャ島などの島々および周辺のサンゴ礁から成り,総面積 2200km2。 1980年設定。オーストラリア方面から吹く南東モンスーンの影響で雨季 (11月~3月) と乾季 (4月~10月) に分れており,熱帯雨林やマングローブの林が丘陵地帯や海岸線に点在するものの,全体としてはサバンナが多い。コモドオオトカゲの生息地として知られるほか,海峡の激しい潮流により周辺の大きな島々から隔絶されているため,海域は海洋生物の保護区ともなっており,豊富なサンゴ礁,イルカクジラウミガメ多種多様な魚類,甲殻類などがみられる。 1991年世界遺産自然遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コモド‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【コモド国立公園】

Komodo National Park》インドネシア南部、小スンダ列島中部にある国立公園。世界最大のトカゲであるコモドオオトカゲが生息するコモド島リンチャ島パダール島の3島と周辺海域からなる。乾燥したサバンナが広がり、島々の周囲にはマングローブやサンゴ礁が発達する。主な観光拠点はフローレス島ラブハンバジョスンバワ島サぺ。1991年に世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コモド国立公園【コモドこくりつこうえん】

インドネシア,小スンダ列島のコモド島ほかパダール,リンチャの島を含み,面積1733km2におよぶ国立公園。1912年に発見されたコモドオオトカゲは,体長2−3m,体重100kg以上で,トカゲとしては世界最大。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産詳解の解説

コモドこくりつこうえん【コモド国立公園】

1991年に登録された世界遺産(自然遺産)で、インドネシア南東部の小スンダ列島中央部に位置するコモド島、パダル島、リンチャ島の3島と周辺海域からなる国立公園。総面積は2200km2。世界最大のトカゲ、コモドオオトカゲの生息地として知られ、サンゴ礁の海は多様な海洋生物に富む。このような太古から変わらぬ自然環境が評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はKomodo National Park

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報

コモド国立公園の関連情報