コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモリガエル Pipa pipa; Surinam toad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモリガエル
Pipa pipa; Surinam toad

カエル目コモリガエル科。ピパともいう。体長 20cm内外。平たくやや四角形のからだつきをしており,背面は暗褐色腹面は白色がかる。おもに水中で生活し,ほとんど陸には上がらない。産卵期になると雌は背側の皮膚が肥厚し,その中に卵を産み込み,哺育するのでその名がある。ギアナブラジルアマゾン川流域に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コモリガエル

ピパとも。両生類ピパ科。体長12〜20cm,背面は暗褐〜緑褐色,腹面は淡い。南米の北東部に分布。体は扁平で後肢のみずかきが発達。常に水中で生活し,前肢の間を通過する餌は何でもかき込んで食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コモリガエル
こもりがえる / 子守蛙
Surinam toad
[学]Pipa pipa

両生綱無尾目コモリガエル科のカエル。水中性で、ピパともいう。アマゾン川、オリノコ川流域に分布する。背面は暗褐色で、水底の泥と紛れやすい。体は扁平(へんぺい)で、頭部は三角形。目はきわめて小さく、眼瞼(がんけん)がない。口角部の皮膚が細長く伸びて突起となる。前肢指端は星状に分岐し、水底の餌(えさ)を探すのに用いられる。後肢の水かきは大きく、遊泳力が強い。体長12~20センチメートル。繁殖期になると雄は雌の腰に抱接し、水中を上下方向へ輪を描くように遊泳する。1回転ごとに産み出される数個の卵は、雄の腹面を経て雌の背面に移り、柔らかく肥厚した皮膚に押し込まれる。このようにして50個内外の卵が雌の背面に産卵される。卵は皮膚に埋もれた状態で発生し、変態を終えた幼体となって水中へ泳ぎ出る。コモリガエルの類にはこのほかに本種より小形の4種が知られ、いずれも南アメリカに分布。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コモリガエルの関連キーワードアフリカツメガエルツメガエル新熱帯区子守蛙倉本爪蛙

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android