コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラッツィーニ Corazzini, Sergio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラッツィーニ
Corazzini, Sergio

[生]1886.2.6. ローマ
[没]1907.6.18. ローマ
イタリアの詩人。 20世紀初頭の「たそがれ派」の代表的存在。ベルレーヌラフォルグ,ジャムなど世紀末の詩人たちの影響を強く受け,みずから「泣きじゃくる子供」あるいは「すべての人間に見捨てられた子供」と称して,ソネット (十四行詩) を中心に暗く悲しい詩を平易な言葉で綴った。 21歳で夭折。死後に全詩作が『抒情詩集』 Liriche (1909) としてまとめられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コラッツィーニ【Sergio Corazzini】

1886‐1907
イタリアの詩人。経済的事情から学業を中途で諦め,保険会社に勤める。16歳から詩作を始め,愛,失われてゆく事物,死を主題として,平明な言葉で物憂げにうたった《苦杯》(1905),《散文詩片》(1906),《むだな小冊子》(1906)などの詩集を発表。これらは死後,《抒情詩集》(1922)にまとめられた。ゴッツァーノとともに,クレプスコラーリを代表する詩人。【川名 公平】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コラッツィーニ
こらっつぃーに
Sergio Corazzini
(1886―1907)

イタリアの詩人。ローマ生まれ。20世紀初頭に小グループをなした「黄昏(たそがれ)派」の代表的存在。もっぱら死と愛をめぐって感傷的な詩編を、ささやくように書きつづった。「苦杯」(1905)、「散文詩片」(1906)、「むだな小冊子」(1906)など生前の詩を集めた『叙情詩』1巻(1909)がある。メーテルリンク、ロダンバック、ラフォルグらの詩に親しみ、とくにジャムの詩を翻訳していたが、自らを「泣きじゃくる少年詩人」と名のりつつ肺を病んで21歳で夭折(ようせつ)した。「黄昏派」の詩人のなかでも、同じく夭折したゴッツァーノとともに、イタリア現代詩の出発点として近年とくに評価が高まっている。[河島英昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコラッツィーニの言及

【クレプスコラーリ】より

…1910年,批評家のG.A.ボルジェーゼが発表した短文のなかで,カルロ・キアーベス,ファウスト・マリア・マルティーニ,マリーノ・モレッティの登場によって,従来のイタリア詩が終焉に向かいつつある状況を〈黄昏〉と評したのが呼称の由来。ほかに代表的詩人として,S.コラッツィーニG.ゴッツァーノ,コラード・ゴボーニらがいるが,彼らがみずから詩派を結成したり運動を展開したわけではない。この詩人たちに共通する特徴は,前代の詩人パスコリや,とくに,きらびやかな言葉を駆使したダンヌンツィオに対するあからさまな反発を表明する一方で,不在感,孤独,むなしい愛,不信,あるいはいっさいの思想への反感,現実や歴史の風刺などを主題にした詩を,飾りけのない平明な言葉でつづったところにある。…

※「コラッツィーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コラッツィーニの関連キーワードグイード ゴッツァーノマルティーニ2月6日河島英昭黄昏派

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android