コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コル Kold, Kristen Mikkelsen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コル
Kold, Kristen Mikkelsen

[生]1816.3.29. ユラン
[没]1870.4.6. ダレム
デンマークの教育者。靴屋の息子に生れ,教師となったが形式の整った教育にはなじめず,1851年ルュスリンゲに寄宿学校を創設,生徒とともに貧しく暮しながら口頭で道徳を教えた。これがのちの国民高等学校のモデルとなり,デンマークだけでなく,世界の多くの国々に普及した。のちのデンマークの多くの国家指導者をも薫陶した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コル(〈フランス〉col)

《首の意》山の鞍部(あんぶ)。峠。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コル【col】

峠。山の鞍部あんぶ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コル
こる

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコルの言及

【登山】より

… ヒマラヤは,18世紀ごろからキリスト教の宣教師やインドの測量局員などが足を踏み入れていたが,純粋な登山を目的にヒマラヤを訪れたのはイギリスのW.W.グレアムで,1883年ガルワールおよびシッキムの7000m近い数峰を登り,95年にはママリーがナンガ・パルバット(8125m)で消息を絶った。92年イギリスのM.コンウェーのカラコルム遠征隊は,パイオニア・ピーク(6888m)に登り,99年イギリスのD.W.フレッシュフィールドはカンチェンジュンガの山麓を一周した。1907年イギリスのT.G.ロングスタッフはガルワール・ヒマラヤのトリスル(7120m)に登頂したが,これが世界における最初の7000m峰登頂である。…

※「コル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コルの関連キーワードサイエンス・ダイエット ネイチャーズベストコルチコステロイド結合グロブリンコルチコステロイド結合タンパク質チェルニー・ステファニスカステロイド結合タンパク質コロンバイトタンタライト副腎皮質刺激ホルモンコレスポンデンストランスコルチンプルジェバリスクコルチコステロンコレスポンデント副腎皮質ホルモンカザルス三重奏団アルゴナウティカコルベンハイアーアルティプラノ或る夜の出来事ソウルトレーンコルレス契約

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コルの関連情報