コレージュ・ド・フランス(英語表記)Collège de France

世界大百科事典 第2版の解説

コレージュ・ド・フランス【Collège de France】

フランス文部省直轄の高等教育機関。フランソア1世が人文主義者のギヨーム・ビュデ進言を入れて,1530年3月,王立教授団という名の下に創設した。当初は5人の講師しかおらず,ヘブライ語(2人),ギリシア語(2人),数学(1人)を教えた。中世以来のスコラ学が支配するパリ大学に対抗して,大学のカリキュラムから締め出された古典語,自然科学を講じ,人文主義の思想を普及させることが主たる目的だった。大学からの圧力が及ばないように行政上の自治・独立を保証され,その後規模も拡大して,ラテン語,哲学,医学といった新しい教科が増えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コレージュ・ド・フランスの関連情報