コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロポックル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

コロポックル

アイヌの伝承に登場する人々。
「蕗(ふき)の下の人」の意味で,背丈のひくい人々とされる。アイヌがすむ以前から北海道にすみ,狩猟や漁労の技術にすぐれ,アイヌに鹿や魚をわけあたえたりしたが,あるアイヌの非礼にいかり,遠くにさったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コロポックル

〔アイヌ語。蕗ふきの下の人の意〕
アイヌの伝説で、アイヌよりも以前から北海道に住んでいたとする小人。コロボックル。 〔人類学者坪井正五郎がこの伝説を根拠にコロポックルを日本の石器時代人とみる説を唱え、アイヌが日本の石器時代人とする説とコロポックル論争が展開された〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロポックル
ころぽっくる

アイヌの小人説話。コロボックルともいう。コロポックルは穴の中に住んでいる小さな人であったと伝える。1枚のフキの葉の下に10人入れるほどであった。ササの葉を縫い合わせてつくった小船で漁に出る。ニシンが釣り針にかかると、5艘(そう)、10艘の船が力をあわせて陸に引き上げ、大ぜいで棍棒(こんぼう)や槍(やり)で殺した。大きなクジラもとる、神様のような人たちであったという。コロポックルとは、フキの葉の下に住む人を意味するといわれるが、本来は「下に住む人」ということで、穴に住む人をさしたものという。樺太(からふと)(サハリン)ではトチ・ウン・グル(土の家に住む人)とよぶ。北海道にも、宗谷(そうや)や釧路(くしろ)などに、「土の家をもつ神」とよばれる穴に住む小人の伝えがある。宗谷では、小人は他の種族に会うことをひどく嫌い、しかもすばしっこいので、どんな顔をしているかわからないという。子供のような声を出し、アイヌの家の窓の下や入口にきて、魚や薪(たきぎ)などを与え、ときにはアイヌの品物と交換した。あるとき、アイヌが小人の手をとって家に引き入れると、裸の女の小人で、口の周りや手にいれずみをしていた。樺太へでも渡ったのか、それ以来、小人は現れなくなったという。宗谷の泊内(とまりない)には小人の築いた小屋の跡という所もあり、アイヌのいれずみは小人から学んだものであるともいう。各地の伝えもほぼ共通する。先住民の印象を伝える説話というよりは、むしろ、小人を森林の先住者とする伝承の一例とみるべきであろう。
 なお、日本人の起源をめぐって、明治時代中ごろに坪井正五郎らによってコロポックル論争が展開されたが、明確な結論は得られなかった。[小島瓔

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコロポックルの言及

【コロボックル】より

…北海道のアイヌの説話に登場する小人。コロポックル,コロポクグルともいい,サハリン(樺太)のトンチトンチも同類とみられる。コロボックルはKor‐pok‐un‐kur(〈フキの下にいる人〉の意)の縮約形で,フキの葉の下に2~3人が入れるほど体が小さいことからつけられた名といい,また屋根をフキでふいた家に住むからともいう。…

※「コロポックル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コロポックルの関連キーワード木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド日本のおもな郷土玩具バチェラー・八重子日本人(人類学)小金井良精

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コロポックルの関連情報