コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロポックル コロポックル

4件 の用語解説(コロポックルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コロポックル

アイヌ語。蕗(ふき)の葉の下に住む人の意。「コロボックル」とも》アイヌ伝説に現れる小人の先住人。坪井正五郎がこの伝説を根拠に、コロポックル日本の石器時代人だとみる仮説を唱えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

コロポックル

アイヌの伝承に登場する人々。
「蕗(ふき)の下の人」の意味で,背丈のひくい人々とされる。アイヌがすむ以前から北海道にすみ,狩猟や漁労の技術にすぐれ,アイヌに鹿や魚をわけあたえたりしたが,あるアイヌの非礼にいかり,遠くにさったという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

コロポックル

〔アイヌ語。蕗ふきの下の人の意〕
アイヌの伝説で、アイヌよりも以前から北海道に住んでいたとする小人。コロボックル。 〔人類学者坪井正五郎がこの伝説を根拠にコロポックルを日本の石器時代人とみる説を唱え、アイヌが日本の石器時代人とする説とコロポックル論争が展開された〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロポックル
ころぽっくる

アイヌの小人説話。コロボックルともいう。コロポックルは穴の中に住んでいる小さな人であったと伝える。1枚のフキの葉の下に10人入れるほどであった。ササの葉を縫い合わせてつくった小船で漁に出る。ニシン釣り針にかかると、5艘(そう)、10艘の船が力をあわせて陸に引き上げ、大ぜいで棍棒(こんぼう)や槍(やり)で殺した。大きなクジラもとる、神様のような人たちであったという。コロポックルとは、フキの葉の下に住む人を意味するといわれるが、本来は「下に住む人」ということで、穴に住む人をさしたものという。樺太(からふと)(サハリン)ではトチ・ウン・グル(土の家に住む人)とよぶ。北海道にも、宗谷(そうや)や釧路(くしろ)などに、「土の家をもつ神」とよばれる穴に住む小人の伝えがある。宗谷では、小人は他の種族に会うことをひどく嫌い、しかもすばしっこいので、どんな顔をしているかわからないという。子供のような声を出し、アイヌの家の窓の下や入口にきて、魚や薪(たきぎ)などを与え、ときにはアイヌの品物と交換した。あるとき、アイヌが小人の手をとって家に引き入れると、裸の女の小人で、口の周りや手にいれずみをしていた。樺太へでも渡ったのか、それ以来、小人は現れなくなったという。宗谷の泊内(とまりない)には小人の築いた小屋の跡という所もあり、アイヌのいれずみは小人から学んだものであるともいう。各地の伝えもほぼ共通する。先住民の印象を伝える説話というよりは、むしろ、小人を森林の先住者とする伝承の一例とみるべきであろう。
 なお、日本人の起源をめぐって、明治時代中ごろに坪井正五郎らによってコロポックル論争が展開されたが、明確な結論は得られなかった。[小島瓔

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコロポックルの言及

【コロボックル】より

…北海道のアイヌの説話に登場する小人。コロポックル,コロポクグルともいい,サハリン(樺太)のトンチトンチも同類とみられる。コロボックルはKor‐pok‐un‐kur(〈フキの下にいる人〉の意)の縮約形で,フキの葉の下に2~3人が入れるほど体が小さいことからつけられた名といい,また屋根をフキでふいた家に住むからともいう。…

※「コロポックル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コロポックルの関連キーワード蕗・苳・款冬・菜蕗菜蕗・蕗・富貴・布貴ポロトコタン北風磯吉アイヌ語教室《アイヌ語入門》《アイヌ語文典》《アイヌ語法概説》《アイヌ語法研究》《樺太アイヌ語彙》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コロポックルの関連情報