コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロラド高原 コロラドこうげんColorado Plateau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロラド高原
コロラドこうげん
Colorado Plateau

アメリカ合衆国アリゾナ州コロラド州ユタ州ニューメキシコ州の一部に広がる面積 33万7000km2に及ぶ高原。標高 600~4000m。下層は先カンブリア時代の変成岩,中層は古生代砂岩,頁岩,礫岩,石灰岩,上層は中生代および古第三紀の火山岩からなる。この地層を刻んでコロラド川が流れ,最高 1800mの深い谷を形成。その代表的なものが,1979年に世界遺産の自然遺産に登録されたグランドキャニオン高原上はほとんど不毛で,わずかにヒツジの放牧と小規模な農業が行なわれる。アメリカで最も人口密度が低い。アリゾナ州,ユタ州,ニューメキシコ州にはインディアン(→北アメリカインディアン)の指定居留地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コロラド高原【コロラドこうげん】

米国南西部,ロッキー山脈南端から西に広がり,アリゾナ州北部,ユタ州南部にまたがる高原で,コロラド川が貫流。標高600〜3600m。地層はおもに古生代,中生代および第三紀の礫(れき)岩,溶岩からなり,大規模な浸食地形が発達。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コロラドこうげん【コロラド高原 Colorado Plateau】

アメリカ合衆国南西部,ロッキー山脈南端部からウォサッチ山脈にかけて広がる乾燥した高原。アリゾナ,ユタ,コロラド,ニューメキシコの諸州にまたがり,面積は約33万km2。ほぼ水平な古生層,中生層からなり,コロラド川が西方へ流れ出す。風化・浸食によるメーサビュートや,グランド・キャニオンに代表される峡谷が特徴的で,標高は600~3600mと起伏に富む。高地では比較的雨量に恵まれるが,ステップと砂漠が一般的で,放牧と鉱業が主要産業。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロラド高原
ころらどこうげん
Colorado Plateau

アメリカ合衆国西部のロッキー山脈とワサッチ山脈との間に広がる大高原。コロラド、ニュー・メキシコ、ユタ、アリゾナの4州にまたがる。面積約39万平方キロメートル。標高は1000~3000メートルで、山地と盆地が入り組んでいる。全域がコロラド川流域に属し、各所に峡谷をつくっている。乾燥地域に属し、ステップと砂漠の景観を示す。大放牧が行われる以外に産業らしいものはとくになく、ナバホ人とホピ人のインディアン特別居住区がある。景勝地は数多く、グランド・キャニオンをはじめ、ブライス・キャニオン、ザイオン、モニュメント・バリー、岩窟(がんくつ)住居で知られるメサ・バード、ミテオ・クレーター(大隕石孔)、化石林などがある。地質は先カンブリア時代から新生代第四紀までの岩石からなり、複雑な地殻変動の歴史が各地でみられる。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コロラド高原の関連キーワードグランド・キャニオン(アメリカ合衆国)グランド・キャニオン国立公園コロラド川(アメリカ合衆国)キャニオンランド国立公園バスケット・メーカー文化バリンジャークレーターメサ・バード国立公園ニューメキシコ[州]グレート・ベースングレート・ベースンバナジン酸塩鉱物コルディエラ山系フラッグスタッフグレートベースンザイオン国立公園北アメリカ砂漠コロンビア高原コロラド[川]アリゾナ[州]燐ウラニル石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android