コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンピュータ・グラフィックス コンピュータ・グラフィックスcomputer graphics

翻訳|computer graphics

2件 の用語解説(コンピュータ・グラフィックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンピュータ・グラフィックス
computer graphics

コンピュータを用いて作成された画像や動画,またそれらを作成する技術。CGと略す。グラフィック・デザインアニメーションコンピュータ・ゲームコンピュータ・シミュレーション,科学的事象の視覚化,CAD/CAMウィンドウズGUIなど,用途は多岐にわたる。画像や動画のもつ情報量が,情報理論においても意味伝達のうえでも大きいため,作成と表示に際してハードウェアおよびソフトウェアは高い性能を要求される。二次元の画像については,線の起点と終点の座標を数値で表すベクタ形式が 1960年代から用いられたが,リアリティのある表現には不向きであり,のちに画素を用いて表現するラスタ形式が広がって 1990年代以降一般的となった。3Dコンピュータグラフィックス 3DCGに関しては,1975年にユタ大学で制作された,ワイヤフレームの多数のポリゴン(→多角形)からなるユタ・ティーポットが標準的なモデルとなっている。その後,ベジェ曲線の導入によってなめらかな 3DCGの表現が実現された。ベジェ曲線と B-スプライン曲線(→スプライン曲線)は自動車の車体のデザインなどに利用される。3DCGのリアリティを高める技術として,物体を特定の視点から見たときに,陰になって見えない線を隠す陰線消去や,光の進み方を計算して追跡するレイトレーシング,物質表面の質感を表現するテクスチャマッピング,明暗で立体感を出すシェーディングなどがある。コンピュータ・グラフィックスに必要となる計算量は膨大なため,画像処理用プロセッサ GPUによりパイプライン処理が行なわれる。グラフィック用のアプリケーションプログラミングインタフェース APIに OpenGLなどが,三次元空間を表現するためのプログラム言語に VRMLなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンピュータ・グラフィックスの関連情報