コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コ・メディカル こめでぃかるCo-medical

翻訳|Co-medical

知恵蔵の解説

コ・メディカル

協働して医療に当たるスタッフを総称する言葉。医師及び歯科医師はメディカル(medical)に属するためこの中には含めない。また、看護師や薬剤師もメディカルに含まれるとして、コ・メディカルの中に含めない考え方もある。医療法上の規定はなく、各学会や施設など、場によって指し示す職種の範囲は異なる。「コメディカル」と書くこともある。なお、歯科医療に携わるスタッフについては「コ・デンタル」という呼び方もある。
コ・メディカルに当てはまる職種としては、例えば、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床心理士、臨床工学技士、義肢装具士、医療事務などがある。
かつては「医師を補助する人」という意味で、パラメディカル(paramedical)と呼ばれていたが、1980年代半ば以降、各職種の専門性をベースとするチーム医療が主流となり、「医師と共に医療に当たる人」という概念を表す言葉として編み出された。パラメディカルはアメリカ英語だが、コ・メディカルは和製英語である。
この言葉が使われ始めた当初から、定義があいまいであることなどについて医療界の内外に疑問の声があったものの、チーム医療の普及と共に医療関係者の間で交わされる頻度は上がってきているという実態がある。
2012年1月、日本癌治療学会は「コ・メディカル」という用語を原則的に使わないとする通知を出した。理由として、指し示す職種の範囲が明確でない、コメディ(喜劇)の形容詞と誤解されることがある、「医師とそれ以外」という表現によって上下関係を示唆するものでありチーム医療の考え方になじまない、の3点を挙げている。

(石川れい子  ライター / 2012年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コ・メディカル
こめでぃかる

医師、歯科医師以外の医療従事者をまとめた呼称。コ・メディカルco-medicalは和製英語。英語ではparamedicで、これを訳したパラメディカルがもともとの呼称である。しかし、接頭語のparaには補助の意味が強いことから、1980年代に「協同」を意味するcoが適切との阿部正和(1918― 、当時東京慈恵会医科大学学長)の提言があり、日本で普及した。さらに、チーム医療の必要性が強調されるにつれ、コ・メディカルよりメディカル・スタッフという呼称が増えつつある。2012年(平成24)に日本癌(がん)治療学会は、医師との上下関係の意味合いが残るなどの理由から、原則的にコ・メディカルを使わないとの通知を出している。歯科衛生士や歯科技工士など歯科関係をコ・デンタルと別扱いする場合もある。
 おもなコ・メディカルは、看護師、保健師、助産師、薬剤師、臨床検査技師、衛生検査技師、臨床工学技士、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養士、救急救命士、鍼(はり)師、灸(きゅう)師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師など。多くは国家資格、都道府県資格があり、専門の養成学校や大学の養成課程がある。[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コ・メディカルの関連キーワードコ・メディカル形態機能学会脳死・臓器移植問題医療制度田辺

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android