コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

診療放射線技師 しんりょうほうしゃせんぎし radiological technician

6件 の用語解説(診療放射線技師の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

診療放射線技師
しんりょうほうしゃせんぎし
radiological technician

医師,歯科医師の指示のもとに,診断や治療のために人体に放射線照射を行う技師。大学入学有資格者が指定された教育機関で3年以上の教育を受けたのち,国家試験に合格した場合に資格が与えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

診療放射線技師

放射線を用いた画像診断や治療をする専門医療職。国家資格がある。「エックス線技師」や「レントゲン技師」と呼ばれることもある。日本放射線技師会(東京)によると、国内の放射線技師は約4万6千人。県内の技師は約300人で、うち約230人が会員になっている。

(2011-09-02 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんりょうほうしゃせん‐ぎし〔シンレウハウシヤセン‐〕【診療放射線技師】

放射線技師

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんりょうほうしゃせんぎし【診療放射線技師】

略して放射線技師ともいう。診療放射線技師とは厚生大臣の免許を受けて,病院,各種医療機関,保健,福祉機関において,医師または歯科医師の指示の下に,放射線を人体に対して照射(画像診断,治療のため)することと磁気や超音波を用いて検査することを業とする者で,医療および公衆衛生の普及および向上に寄与することを目的にしている。特に放射線は人体の内部構造の検査や癌などの治療に有効な手段であるが,利用を誤れば放射線障害をひきおこす可能性もあるため,人体に対して放射線を照射することができるのは,医師,歯科医師と診療放射線技師のみに限られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんりょうほうしゃせんぎし【診療放射線技師】

国家試験により免許を受け、医師や歯科医師の指導監督の下に、診療用の放射線の照射・撮影を行う者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

診療放射線技師
しんりょうほうしゃせんぎし

厚生労働大臣の免許を受けて、医師または歯科医師の指示のもとに、おもに放射線を人体に対して照射することを業務としている者をいう。一般に「X線技師」「レントゲン技師」などとよばれる者の正式名称。
 ここでいう照射には撮影も含まれるが、照射機器または放射性同位元素(その化合物および放射性同位元素、またはその化合物の含有物を含む)を人体内に挿入して行うものは除かれる。また、放射線とは、(1)α(アルファ)線およびβ(ベータ)線、(2)γ(ガンマ)線、(3)100万電子ボルト以上のエネルギーを有する電子線、(4)X線、(5)その他政令で定める電磁波または粒子線、をさしている。1993年(平成5)より、MRI(磁気共鳴映像法)検査、超音波検査、眼底写真撮影が業務に加えられた。
 診療放射線技師は「診療放射線技師法」(昭和58年法律83号)の規制を受ける。1951年(昭和26)に同法の基となる「診療エックス線技師法」が公布されて以来、100万電子ボルト未満のエネルギーを有するX線の照射のみを行う診療X線技師が業務を担ってきたが、その後、α線やβ線など取り扱いの拡大に伴い、1968年「診療エックス線技師法」は「診療放射線技師及び診療エックス線技師法」に改正され、放射線全般を取り扱う診療放射線技師制度が創設された。1979年からは診療X線技師の学校、養成所においても養成が行われなくなり、1983年(昭和58)には「診療放射線技師及び診療エックス線技師法」(旧法)から「診療放射線技師法」(新法)への法改正がなされ、診療X線技師制度は廃止、診療放射線技師に一本化された。なお、すでに診療X線技師の免許を得た者は、その後も業務ができるように旧法、新法により定められている。
 診療放射線技師は、医師または歯科医師の具体的な指示を受けなければ、放射線を人体に対して照射してはならないと定められている。具体的な業務としては、胸部・腹部・歯牙(しが)などの単純撮影、呼吸器・消化器・泌尿生殖器・脈管などの造影撮影のほか、特殊撮影、放射性同位元素による一部の検査などで、照射については、指示をなした医師または歯科医師の署名を受けることが義務づけられている。
 診療放射線技師になろうとする者は、診療放射線技師試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない。受験資格は、学校教育法の規定により大学に入学することができる者で、(1)文部科学大臣が指定した学校、または厚生労働大臣が指定した診療放射線技師養成所において3年以上、診療放射線技師として必要な知識および技能を修得した者、(2)診療X線技師、または診療X線技師試験を受けることができる者で、文部科学大臣が指定した学校、または厚生労働大臣が指定した診療放射線技師養成所において1年以上、診療放射線技師として必要な知識および技能を修得した者、(3)外国の診療放射線技師に関する学校もしくは養成所を卒業し、または外国で診療放射線技師免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が(1)に掲げる者と同等以上の学力および技能を有するものと認めた者、となっている。[吉田安雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

診療放射線技師の関連キーワード歯科衛生士日本歯科医師会歯科医歯科医師歯科介輔宇都本市蔵竹中恒夫要指示薬歯科医師国家試験歯科医師法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

診療放射線技師の関連情報